ページ更新: 2007-06-10 (日) (4206日前)

関連: WebAdminPlugin

(2007-06-10 新規作成)

「チケットの履歴」を削除するためのプラグイン。

またTrac 0.10で追加された、チケットを丸ごと削除する機能 (「trac-admin <プロジェクト> ticket remove <number>」)もWebAdminPluginの画面から使用できるようになる。

目次

[編集]

情報源 #

[編集]

インストール #

(以下の作業はDebian GNU/Linux 3.1 Sarge で行っていますが、Windowsでも同様に出来ます)

注意:TicketDeletPluginをインストールする前に、 あらかじめ WebAdminPlugin をインストールして動作を確認しておくこと。

TicketDeletePlugin - Trac Hacks - Plugins Macros etc. - Tracの 「Download the zipped source from here 」からソースコードをダウンロードする。

展開する:

$ unzip ticketdeleteplugin.zip
Archive:  ticketdeleteplugin.zip
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/web_ui.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/htdocs/ticketdelete.js
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/htdocs/jquery.js
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/htdocs/ticketdelete.css
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/__init__.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/ticketdelete/templates/ticketdelete_admin.html
  inflating: ticketdeleteplugin/0.11/setup.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.9/ticketdelete/web_ui.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.9/ticketdelete/__init__.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.9/ticketdelete/templates/ticketdelete_admin.cs
  inflating: ticketdeleteplugin/0.9/setup.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/web_ui.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/htdocs/ticketdelete.js
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/htdocs/jquery.js
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/htdocs/ticketdelete.css
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/__init__.py
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/ticketdelete/templates/ticketdelete_admin.cs
  inflating: ticketdeleteplugin/0.10/setup.py

Tracのバージョンに合致するディレクトリに移動する (以下の例ではTrac 0.10.xを想定):

$ cd ticketdeleteplugin/0.10
$ ls
setup.py  ticketdelete/

Eggを生成する:

$ python setup.py bdist_egg
running bdist_egg
 : 
 : 
creating dist
creating 'dist/TracTicketDelete-1.1.4-py2.3.egg' and adding 'build/bdist.linux-i686/egg' to it
removing 'build/bdist.linux-i686/egg' (and everything under it)
$ ls dist
TracTicketDelete-1.1.4-py2.3.egg

生成された egg をプラグインディレクトリにコピーしておく。

その後、必要に応じてWebサーバプロセスの再起動などを行っておくこと。

[編集]

設定 #

このプラグインの機能を使うユーザーには TICKET_ADMIN 権限が必要。

このことは、web_ui.py を調べると判る:

$ grep -i has_permission *.py
web_ui.py:        if template == 'ticket.cs' and req.perm.has_permission('TICKET_ADMIN'):
web_ui.py:        if req.perm.has_permission('TICKET_ADMIN'):
web_ui.py:        assert req.perm.has_permission('TICKET_ADMIN')
[編集]

スクリーンショット #

TicketDeletePlugin は次の画面を変更する

  • 「チケットを見る」画面に delete という項目が追加される。
  • 「Admin」(WebAdminPlugin)のTicket Systemセクションに'Delete Changes'と'Delete'が追加される。
[編集]

「チケットを見る」画面 #

TICKET_ADMIN権限を持つユーザーでTracにログインしてチケットを閲覧すると、 チケットの画面に「Delete」が表示される。

  • (1) はチケットを削除する
  • (2) はチケットの履歴を個別に削除する

ticketdeleteplugin-01.png

[編集]

チケットの削除(「チケットを見る」から遷移) #

「チケットを見る」の(1)を押すと、この画面(WebAdminPluginにTicketDeletePluginが追加した項目) に遷移する。

  • 「Ticket ID」と「Again」欄の双方にチケットの番号が自動的に入力される。
  • 「Delete」を押すと、このチケットが削除される。

ticketdeleteplugin-02.png

[編集]

チケットの履歴の削除(「チケットを見る」から遷移) #

「チケットを見る」の(2)を押すと、この画面(WebAdminPluginにTicketDeletePluginが追加した項目) に遷移する。

「チケットの履歴」に応じた個所が選択(チェックが記入)される。

「Delete Changes」を押すと、選択した履歴が削除される。

ticketdeleteplugin-03.png

[編集]

チケットの削除(Admin - Ticket System - Delete) #

WebAdminPluginにTicketDeletePluginが追加した項目。

ticketdeleteplugin-07.png

[編集]

チケットの履歴の削除(Admin - Ticket System - Delete Changes) #

WebAdminPluginにTicketDeletePluginが追加した項目。

チケットIDを手で入力するのは面倒なので、普通はここからは使わないと思うけど。

「Ticket System」→「Delete Changes」をクリックする。

ticketdeleteplugin-04.png

「Ticket ID」にチケットの番号を入れる。

ticketdeleteplugin-05.png

チケットのコメントの履歴が表示される。

ticketdeleteplugin-06.png

[編集]

コメント #

コメントは ソフト/Bug Tracking/trac#comment にて。