ページ更新: 2015-02-23 (月) (762日前)

関連: Linux/Debian/VMware Server, Linux/coLinux, Windows/Service for UNIX, PC/QNAP TurboNAS

VMwareと、その他の同様のソフトウェアに関するリンクとメモ。あまり整理していない。

目次

[編集]

情報源 #

[編集]

vmware.com, networkd.co.jp #

VMware Knowledge Base:

その他:

[編集]

記事、ニュース #

VMware Server 2.0.2:

VMware Workstation 7:

  • 仮想な背中
    • 旧 VMware の背中
    • VMware Command Line Tools / VMware バックドア I/O ポート / Solaris 8 Tips & Tricks / VMware SVGA driver for Solaris / Virtual Floppy Drive / Virtual Disk Driver
  • eueeのおうち
    • VMware,VirtualPCディスクイメージ用仮想ディスク作成ドライバ, VMware等ディスクイメージ用仮想ドライブ作成ドライバ Linux版, Bochs用ディスクイメージアクセスDLL, VMware VirtualPC Bochs PC98エミュ ハードディスクイメージ変換ツール, など
[編集]

ツール、製品 #

[編集]

VMware Workstation (2015-02-23) #

Workstation 11.x:

Workstation 10.x:

Workstation 9.x:

VMware Workstation Technology Preview 2012:

Workstation 8.x:

Workstation 7.x:

Workstation 6.x:

他に Workstation 5.x, 4.x, 3.x, 2.x を使っていたけど、もうサポートが切れてるだろうから、省略する。

[編集]

VMware Player (2005-10-20) #

[編集]

VMware Tools (2006-10-27) #

[編集]

Open Virtual Machine Tools (2007-09-12) #

[編集]

VMWare ToolsをVMWare Playerで使うのは適法か? #

[編集]

VMware vSphere (2010-02-12) #

[編集]

VMware ESXi (2008-07-29) #

[編集]

VMware Converter (2007-01-31) #

[編集]

VMware Fusion for Mac (2007-01-05) #

[編集]

VMware Lab Manager (2006-11-29) #

  • 仮想化には既存のVMware Infrastructure 3を利用
  • VMware Lab Manager Server と、各VMware ESX Serverに必要なVMware Lab Manager Agentから成る。
  • 最終製品版の発売は12月の予定
  • 単体製品としては1万5000ドルから、『VMware Infrastructure 3』とのバンドルでは3万5000ドルから。
[編集]

Virtual Machine Disk Format (2006-04-04) #

VMwareの仮想マシン用ディスクフォーマットが公開された。

[編集]

Virtual Disk Development Kit (2008-04-20) #

[編集]

VMware DiskMount Utility #

以下引用:

Workstation Disk Mount
This is a Windows installer for the VMware DiskMount utility. With the VMware DiskMount utility, a VMware virtual disk file can be mounted as a Windows drive letter for read/write access to the files it contains. VMware DiskMount can run on Windows 2000/XP/2003 hosts.

[編集]

VMware Server (2006-02-07) #

[編集]

メモ #

[編集]

VMware Workstation vmware.exe のコマンドラインオプション (2014-03-15) #

9.0.3 windows で確認。

vmware.exe -? で、以下のよう表示された。

Usage: vmware [OPTION ...] [--] [configuration file(s)]
where OPTIONS are:
       -v               	Show program version
       -x               	Power on when a virtual machine is opened
       -X               	Same as -x but also go into full screen mode
       -p               	Start the virtual machine paused
       -q               	Close virtual machine at power off
       -s NAME=VALUE   	Set variable NAME to VALUE
       -n               	Open a new window

レジストリの HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\Open\command の vmware.exe の引数に「-n」を追加すると、*.vmx を実行するごとに別のウィンドウが開かれるようになる。

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\vmware.exe" -n "%1"

なお、以前はオプション無しのときにこの動作を行い、「-t」を指定したときにはタブが開いたと思うのだが。

[編集]

VMware Server 2.0.x + Linux kernel 2.6.30用パッチ (2010-05-01) #

[編集]

VMSA-2010-0005, VMSA-2010-0006 (2010-04-07) #

[編集]

VMware Server 2.0.2, 「New Permissions」に発生するエラー「RuntimeFault: Database temporarily unavailable or has network problems.」の回避策 (2010-03-11) #

VMware Server 2.0.2 (on Debian 5.0, i386) にて、VMware Infrastructure Web Access (Web経由で操作できる管理画面) にてPermissions →New Permissions でユーザーを追加しようとしたら、アカウント追加2つめで、以下ののエラーが出て、以後アカウントを追加できなくなった。

"RuntimeFault: Database temporarily unavailable or has network problems."

ググったところ、以下の解決策が見つかった。この通りにしたところ、エラーを回避できた。

  1. vmware-mgmt を止める (sudo /etc/init.d/vmware-mgmt stop)
  2. /etc/vmware/hostd/authorization.xml の「<NextAceId>11</NextAceId>」を「<NextAceId>20</NextAceId>」に書き換える。
  3. vmware-mgmt を再開する (sudo /etc/init.d/vmware-mgmt start)
[編集]

VMSA-2010-0002, JRE に含まれる複数の脆弱性 (2010-02-03) #

  • 2010-01-29 VMSA-2010-0002
    • Workstation - not affected / Player - affected / Server 2.0 - not being fixed at this time (2010-02-15)
[編集]

VMware Server 2.0.2, ヘルプ機能のクロスサイトスクリプティング脆弱性の修正 (2010-01-01) #

修正手順

  1. VMware KB: Remediation of CVE-2009-3731 on VMware Server 2.0.2 から VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip を入手する。
  2. VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip を展開する。
  3. 以下のディレクトリ以下のファイルをバックアップする
    • Windows : C:\Program Files\VMware\VMware Server\tomcat\webapps\ui\help\en_US
    • Linux : /usr/lib/vmware/webAccess/tomcat/apache-tomcat-6.0.16/webapps/ui/help/en_US
  4. 2のファイルをコピーする。

以下の手順で作業を行った。OSはDebian GNU/Linux 5.0.3 i386。

入れ替えるファイルがあるディレクトリに移動:

# cd /usr/lib/vmware/webAccess/tomcat/apache-tomcat-6.0.16/webapps/ui/help/en_US/

バックアップする。ファイルを選んでコピーするのがおっくうなので、大きさを調べて(6328KBだった)、Mercurialのリポジトリに入れてしまう:

# du -k -s .
6328    .

# hg init
# hg add
adding appx_privs.12.1.html
 :
adding wwhelp/wwhimpl/version.htm

# hg ci -m "VMware Server 2.0.2"

入れ替えるファイルを展開する:

# unzip -l ~/vmware/VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip
Archive:  /root/vmware/VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip
  Length     Date   Time    Name
 --------    ----   ----    ----
     6069  12-10-09 13:14   switch.js
     1187  12-10-09 13:05   wwhsec.htm
     1154  12-10-09 13:07   api.htm
      492  12-10-09 13:15   bookmark.htm
     2721  12-10-09 13:08   frameset.htm
     1187  12-10-09 13:05   index.html
 --------                   -------
    12810                   6 files
# unzip ~/vmware/VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip -d /tmp/vmware-patch/
Archive:  /root/vmware/VMwareServer202-CVE-2009-3731.zip
  inflating: /tmp/vmware-patch/switch.js
  inflating: /tmp/vmware-patch/wwhsec.htm
  inflating: /tmp/vmware-patch/api.htm
  inflating: /tmp/vmware-patch/bookmark.htm
  inflating: /tmp/vmware-patch/frameset.htm

ひたすらファイルをコピーする:

# cp /tmp/vmware-patch/index.html .
# cp /tmp/vmware-patch/wwhsec.htm .
# cp /tmp/vmware-patch/api.htm wwhelp/wwhimpl/
# cp /tmp/vmware-patch/frameset.htm wwhelp/wwhimpl/common/html/
# cp /tmp/vmware-patch/bookmark.htm wwhelp/wwhimpl/common/html/
# cp /tmp/vmware-patch/switch.js wwhelp/wwhimpl/common/scripts/

差分を調べる。wwhsec.htm が追加され、他のファイルが更新されている:

# hg add
adding wwhsec.htm

# hg st
M index.html
M wwhelp/wwhimpl/api.htm
M wwhelp/wwhimpl/common/html/bookmark.htm
M wwhelp/wwhimpl/common/html/frameset.htm
M wwhelp/wwhimpl/common/scripts/switch.js
A wwhsec.htm

更新行数がやたら多い:

# hg diff | wc -l
936

改行コードをCF+LF から LFに変えて、再度比較すると、127行になった:

# for f in *; do tr -d '\r' < $f > $f.new; mv $f $f.old; mv $f.new $f; done
(ここで、再度ひたすらコピーしている)

# hg diff | wc -l
127
# hg diff | less
(差分を確認。各ファイルの変更点は1〜2行程度)

Mercurial にコミットしておく:

# hg ci -m "Remediation of CVE-2009-3731 on VMware Server 2.0.2"

# hg log
changeset:   1:0aa2dfac41bf
tag:         tip
user:        root
date:        Fri Jan 01 23:46:53 2010 +0900
summary:     Remediation of CVE-2009-3731 on VMware Server 2.0.2

changeset:   0:e1570774ea86
user:        root
date:        Fri Jan 01 23:22:16 2010 +0900
summary:     VMware Server 2.0.2

VMware Serverを再起動する:

# /etc/init.d/vmware restart

VMware ServreのWeb UIにログインして、動作を確認する。

[編集]

Workstation 6.5.3: Windowsの「スタートアップ」でVMを起動するとき (2009-12-10) #

VMware Workstation .6.5.3 をバックグラウンドで実行するには vmauthdservice が起動している必要がある。

ところが、vmauthdservice は「スタートアップ」の実行時には、起動していないことがある。 この vmauthdservice の起動完了を待つには「net start vmauthdservice」とサービスを起動すればよいようだ。

フォアグラウンドで実行(ウィンドウを表示する、動作確認に使う)

net start vmauthdservice
"C:\Program Files\VMware\VMware VIX\vmrun.exe" -T ws start C:\path\to\vmx\sample.vmx gui

バックグラウンドで実行(ウィンドウを表示しない)

net start vmauthdservice
"C:\Program Files\VMware\VMware VIX\vmrun.exe" -T ws start C:\path\to\vmx\sample.vmx nogui
[編集]

VMware Workstation 6.0.1 で、VMwareのウィンドウを複数開く (2007-09-19) #

エクスプローラで*.vmxを実行したり *.vmxのショートカットを実行したときにVMwareのウィンドウを、毎回開くための設定。

単に -t オプションを外したエントリ 'OpenWithNewWindow' を用意して、それを標準にしただけ。

なお、この作業はVMwareをアップグレードするたびに行う必要がある。

(補足: 6.0.2, 6.0.3 も同様にできた。2008-03-16)。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell]
@="OpenWithNewWindow"

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\OpenWithNewWindow]
@="別のウィンドウで開く"

[HKEY_CLASSES_ROOT\VMware.Document\shell\OpenWithNewWindow\command]
@="\"C:\\Program Files\\VMware\\VMware Workstation\\vmware.exe\" \"%1\""
[編集]

VMware Workstation 6.0.1 に更新 (2007-09-19) #

6.0.0 を 6.0.1 に更新した。

自分のライセンスは英語版 (vmware.comから新規購入した)なのに、なぜかメニューが日本語で表示されるようになった。 ちょっと得したような、でも日本語のエラーメッセージはGoogleで検索してもさほど見つからないのでちょっと困ったような。

[編集]

VMware Workstation 4.5.3 -> VMware Workstation 6.0.0 へのアップグレード (2007-05-10) #

「VMware Workstation 4.5.3 日本語版」を「VMware Workstation 6.0.0 英語版」にアップグレードしたので、メモ。

実は4.5.3日本語版からのアップグレードパスが判らなかったので、新規購入($189, VMware ACE $0)したのだけど。

既存のVMは

  • スナップショットを削除しておく(古いスナップショットは使用できない)
  • Suspend してある場合、終了しておく(「VM」→「Change Version」が実行できなくなる)

VMware 4.5.3 をアンインストールして、VMware 6.0.0 をインストールする。

既存のVMを読み込み、「VM」→「Upgrade or Change Version...」でVMの形式を変更する。 (古い形式だとスナップショットなどの機能が制限されるようなので)

既存のVMを起動し、VMware tools をアンインストールした後、VMware Tools をインストールする。

参考:

[編集]

VMware Playerでの時刻同期 (2006-10-13) #

[編集]

MACアドレスを固定する (2004-03-25) #

vmware-j ML [vmware-j:2764] より。

この件、ちょっと不便に思っていた。同一のブロードキャストドメイン内のIPをarpwatchで監視しているので、arpwatchが報告してくるたびに「ああまたか」と思ってたり。

手元では未確認だが、そのうちやってみるつもり。

1.仮想マシンのMACアドレスを起動時に変更
 バーチャルマシンの設定ファイル(拡張子が.vmxのファイル)bに中の、
 以下の行を変更。

 【旧】
 Ethernet0.present = "TRUE"
 Ethernet0.addressType = "generated"
 ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:d5:c1:e4"
 ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
 
 【新】
 Ethernet0.present = "TRUE"
 Ethernet0.addressType = "static"         <= staticを指定
 ethernet0.Address = "00:50:56:3f:ff:ff"  <= 00:50:56:xx:xx:xx 
                                             00 00 00から
                                             3f ff ffまで

2.仮想マシンのMACアドレス起動後に変更
 /etc/init.dの下、/etc/init.d/networkが起動した直後に動くスクリプトを作成。中では以下の処理を行う。

 #! /bin/bash
 /sbin/ifconfig eth0 down
 /sbin/ifconfig eth0 hw ether 00:50:56:3f:ff:ff
 /sbin/ifconfig eth0 up
[編集]

Red Hat9.0 ゲストでネットワークカードがリンクアップしません #

  • FAQ No.:NET024
    • なお、私はIPを固定にしちゃったので、上記の方法は試していません。
[編集]

USBフロッピーを使う #

USBフロッピーはVMware4で認識できない。 そこで、Cygwinのddコマンドでフロッピーイメージを作成し、これを使う。 1.44MBの場合、次のようにして作成する。

dd if=/dev/fd0 of=fd.flp bs=1024 count=1440
[編集]

VMware 3.2.1 + host=WinXPSP1 + guest=Win2KSP4 でキー入力異常 #

  • VMware Workstation 3.2.1 build-2237
  • host-os Windows XP Professional SP1
  • guest-os Windows 2000 SP4

キー入力異常。カーソルキーが、SHIFTが常に押されたように動作する。 VMware 4.0.2では問題なし。

CygwinのcygcheckコマンドでVKを表示してみると‥‥。

Guest OS (Windows 2000 SP4)

> cygcheck --version
cygcheck version 1.32
System Checker for Cygwin
Copyright 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003 Red Hat, Inc.
Compiled on Mar 18 2003

> cygcheck --help
Usage: cygcheck [OPTIONS] [program ...]
 -c, --check-setup  check packages installed via setup.exe
 -s, --sysinfo      system information (not with -k)
 -v, --verbose      verbose output (indented) (for -s or programs)
 -r, --registry     registry search (requires -s)
 -k, --keycheck     perform a keyboard check session (not with -s)
 -h, --help         give help about the info (not with -c)
 -V, --version      output version information and exit
You must at least give either -s or -k or a program name

> cygcheck --keycheck

- SHIFTを押して、離したとき。
Pressed  1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --

- 上カーソルを押して、離したとき。(2回)
Pressed  1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- SH
Pressed  1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --

Pressed  1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- SH
Pressed  1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --

Host OS (Windows XP Professional SP1)

> cygcheck --version
cygcheck version 1.36
System Checker for Cygwin
Copyright 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003 Red Hat, Inc.
Compiled on Sep  1 2003

> cygcheck --keycheck

- SHIFTを押して、離したとき。
Pressed  1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- SH
Released 1x VK: 0x10 VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --

> cygcheck --keycheck

- 上カーソルを押して、離したとき。(2回。1回目と2回目で違う)
Pressed  1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- --
Released 1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- --
Released 1x VK: 0xff VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --

Pressed  1x VK: 0xff VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --
Pressed  1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- --
Released 1x VK: 0x26 VS: 0x48 A: 0x00 CTRL: -- EK -- -- NL -- -- -- --
Released 1x VK: 0xff VS: 0x2a A: 0x00 CTRL: -- -- -- -- NL -- -- -- --
[編集]

同様のソフト #

[編集]

FreeBSD VPS #

(2010-10-19)

[編集]

KVM #

Linux/KVM

[編集]

VirtualBox (2007-01-17) #

VirtualBox
http://www.virtualbox.org/

[編集]

OpenVZ (2006-04-13) #

Virtuozzoのサブセット。

Welcome to OpenVZ ― Server Virtualization Open Source Project – OpenVZ – Supported by SWsoft
http://openvz.org/

2006-01-17 japan.linux.com | SWsoft、Virtuozzoの無料オープンソース版を提供

[編集]

Virtuozzo (2006-02-07) #

SWsoft Virtuozzo
http://www.swsoft.com/en/products/virtuozzo/

[編集]

SViSta - Serenity Virtual Station (2004-11-02) #

SViSta - Serenity Virtual Station
http://www.serenityvirtual.com/

[編集]

Xen #

種類が違うけど、とりあえずここに。

SourceForge.net: Project Info - Xen
http://sourceforge.net/projects/xen/

XenSource Delivering the Power of Xen
http://www.xensource.com/

Computer Laboratory - Xen virtual machine monitor
http://www.cl.cam.ac.uk/Research/SRG/netos/xen/

IBM Xenでのひととき: 仮想化したLinuxでアプリケーションをテストする - 2005年3月15日
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/050408/j_l-xen.html

スラッシュドット ジャパン | GPLのオープンソースVM(?)「Xen」
http://slashdot.jp/article.pl?sid=03/10/14/1555202&topic=104&mode=thread

Yahoo!ニュース - コンピュータ - MYCOM PC
WEBhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040406-00000093-myc-sci

@IT:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう 〜 インストール & Debian環境構築編 2005/3/8 (2005-03-23)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/xen01/xen01.html

@IT:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう 〜 Xen対応カスタムカーネル構築編 2005/4/5 (2005-04-05)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/xen02/xen01.html

米Microsoft、次期Windows Serverで仮想化技術「Xen」との相互運用性を実現 2006/07/19 (2006-07-19)
http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/foreign/2006/07/19/8271.html

[編集]

Virtual PC (Connextix -> Microsoft) #

Microsoft Virtual PC ホーム
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/virtualpc/

  • パッケージ製品 2004年5月14日発売予定。

Virtual Serverで仮想サーバ構築体験 2006/11/18 (2006-11-23)
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/kaisetsu/083virtualserver/virtualserver01.html

@IT:製品レビュー:デスクトップOSのマイグレーションを支援するVirtual PC 2004 (2004-06-25)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/vpc2004/vpc2004_01.html

@IT:Operating Systems -- ソフトウェア・マイグレーションを支援するVirtual PC 2004が登場
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/insiderseye/20040105virtualpc/virtualpc.html

Microsoft Virtual PC 2004 ニュースレター - 2003/12/3
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/virtualpc/evaluation/news/nl20031203.asp

  • 2003.12 に英語版をリリース済み。
  • 2004年初春に日本語版がリリース

What Works and What Doesn't in Microsoft Virtual PC 2004
http://vpc.visualwin.com/

ITmedia エンタープライズ:Microsoft、仮想化機能でLinuxとSolarisをサポートへ 2005年08月25日
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0508/25/news018.html

Microsoft Virtual PC 2004 サポート ページ
http://support.microsoft.com/?scid=ph;ja;2957

注意:Virtual PC 2004/Virtual Server 2005でマウントできるCD/DVDイメージは2Gbytesまで (2006-07-21)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/773vpccd2gb/vpccd2gb.html

[編集]

Bochs #

bochs: The Open Source IA-32 Emulation Project (Home Page)
http://bochs.sourceforge.net/

[編集]

PearPC #

こちらはPowerPCをPC(ってかWindows)上で。

PearPC - PowerPC Architecture Emulator
http://pearpc.sourceforge.net/

[編集]

Parallels #

Parallels, Inc.
http://www.parallels.com/

[編集]

CPU,デバイス側の支援機構 #

いくつかの支援機構は、Linux/cpuinfo のflagsで機能の有無を判別できる。

[編集]

AMD Virtualization (AMD-V, SVM: Secure Virtual Machine, Pacifica), AMD's IOMMU (2005-11-15) #

[編集]

Intel VT (Virtualization Technology), VT-d (VT for Directed I/O) (2005-11-15) #

[編集]

その他 #