ページ更新: 2006-05-25 (木) (4807日前)

作成日:2004.03.12

Cygwinの本家のパッケージにもgnuplotが入ってるので、試してみる。

目次

[編集]

パッケージの確認 #

まずは確認から。

場所。

$ which gnuplot
/usr/bin/gnuplot

このファイルを含むパッケージは?

$ cygcheck -f /usr/bin/gnuplot
gnuplot-3.8j.0-1

Cygwinとgnuplotのバージョン。

$ cygcheck -cd gnuplot cygwin
Cygwin Package Information
Package              Version
cygwin               1.5.7-1
gnuplot              3.8j.0-1
[編集]

'dumb' への出力 #

んでもって、まずは test。

Xを起動せず、環境変数DISPLAYも設定しないとき。

$ gnuplot

        G N U P L O T
        Version 3.8j patchlevel 0
        last modified Wed Nov 27 20:49:08 GMT 2002
        System: CYGWIN_NT-5.1 1.5.7(0.109/3/2)

(略)

Terminal type set to 'unknown'   ★未設定
gnuplot> set term dumb           ★dumb(グラフを文字で描く)を出力端末に
Terminal type set to 'dumb'
Options are 'feed 79 24'         ★デフォルトの設定値が表示される。
gnuplot> test                    ★テスト描画

+----------------------------------------@-----------------------------1------+
|    Terminal Test       show ticscale @@         filled polygons not s0pported
|                                      :                               1 ****A|
|                                      :                               2 ####B|
|                                      :                               3 $$$$C|
|                                      left justified                  4 %%%%D|
|                                centre+d text                         5 @@@@E|
|                       right justified:                               6 &&&&F|
|                                      :                               7 ====G|
|                                      :                               8 ****H|
|                       > > >test of character width:                  9 ####I|
|........................>>.>12345678901234567890%....................10.$$$$J|
|                         >>           :                              11 %%%%K|
| can't rotate text       >>           :                              12 @@@@L|
|                         >            :                              13 &&&&M|
|                    >>>>>>>>>>>       :                              14 ====N|
|                        >>>           :                              15 ****O|
|                       > > >          :                              16 ####P|
|                      >  >  >         :                              17 $$$$Q|
|                     >   >   >        :      pattern fill            18 %%%%R|
|                    >    >    >        0123456789                    19 @@@@S|
|                                      |||||||||||                    20 &&&&T|
|                                      |||||||||||                            |
+----linewid  lw 1------------------------------------------------------------+
gnuplot>
[編集]

ファイルへの出力 (png) #

次に、画像の作成。pngで出力。

gnuplot> set term png                      ★出力先をPNGに。
Terminal type set to 'png'
Options are 'nocrop medium size 640,480 '  ★デフォルトの設定値が表示される。
gnuplot> set out "test.png"                ★出力先のファイルを指定
gnuplot> test                              ★テスト描画
gnuplot> !ls *.png
test.png                                   ★ファイル"test.png"が生成された
!
gnuplot> !cygstart test.png                ★cygstartでpngに割り付けられたの画像ビューアを起動。
!
gnuplot>

gnuplotが出力したファイルはこんなの。

test.png
[編集]

Xへの出力 #

次に、Xで表示。

$ export DISPLAY=localhost:0.0   ★環境変数を設定して、
$ startx &                       ★Xを起動。
$ gnuplot
(略)
Terminal type set to 'x11'
gnuplot> test

Xの表示。(補足。ウィンドウマネージャはWindowMakerを使用している)

test_x11.png
[編集]

vttek への出力 (2004-07-24) #

cygterm + TeraTerm Pro の vttek で (2004-07-24)

グラフを Xではなく、TeraTerm Pro の VT + tektronix モード で表示してみる。

telnet や ssh で Cygwin にログインしてもいいが、ここでは CygTerm を使ってみる。 (使ったのは Cygwin JE に入っているもの)

CygTerm - Yet another Cygwin console
http://www.dd.iij4u.or.jp/~nsym/cygwin/cygterm/
Project HeavyMoon(重月計画) (Cygwin JE)
http://www.sixnine.net/cygwin/index_ja.html

/usr/bin/cygterm.cfg の設定内容

TERM = C:\program files\ttermpro\ttermpro.exe %s %d /KR=SJIS /KT=SJIS
#TERM = telnet.exe %s %d
TERM_TYPE = vt100
PORT_START = 20000
PORT_RANGE = 40
SHELL = /bin/bash
ENV_1 = MAKE_MODE=unix
ENV_2 = HOME=/home

CygTerm + TeraTerm を起動する。

$ cygterm &

TeraTermが起動するので、「Setup」→「Terminal...」で「Auto Switch (VT<->TEK)」にチェックしてあることを確認。

$ gnuplot
(略)
gnuplot> set term vttek          ★terminalを'vttek'にする。
Terminal type set to 'vttek'
gnuplot> test                    ★テスト描画。別のWindowが開いて、そこに描画内容が表示される。

Tektronix のウィンドウ

vttek.png

[編集]

SVG への出力 (2004-11-21) #

$ gnuplot
(略)
gnuplot> set term svg                                       ★terminalを'svg'に
Terminal type set to 'svg'
Options are 'size 600 480 fixed  fname 'Arial'  fsize 12 '
gnuplot> set output 'test.svg'                              ★出力先をファイル'test.svg'に
gnuplot> test
gnuplot> !cygstart test.svg

あるいは

$ echo 'set term svg; test' | gnuplot > test.svg
$ cygstart test.svg

Viewer は Adobe SVG Viewer 3.02 (→規格/W3C/SVG)を使用。

cygstart で viewer (Internet Explorer + Adobe SVG Viewer) が起動する。

svg.png

test.svg

関連: 規格/W3C/SVG