ページ更新: 2004-07-10 (土) (5215日前)

関連: ソフト/proftpd

proftpdを動かしてみたときのメモ。

目次

[編集]

バージョン #

$ cygcheck -cd proftpd cygrunsrv
Cygwin Package Information
Package              Version
cygrunsrv            0.98-3
proftpd              1.2.9-1

ちなみに、proftpdではないものだと、こんなのも入ってるけど、Linuxでほとんど使ったこと無いので……、設定をよく知らなかったり。

$ cygcheck -f /usr/sbin/in.ftpd
inetutils-1.3.2-26

vsFTPdをCygwinに移植するって手もあるけど。

Jason Tishler - Re: cygwin vsFTPd porting issues

[編集]

文書 #

Cygwinの以下の文書

  • /usr/share/doc/Cygwin/proftpd-1.2.9.README
  • /usr/share/doc/proftpd-1.2.9/ のファイル

The ProFTPD Project

ProFTPD - Professional FTP Daemon

  • 日本語訳。古いが、役に立つと思う。
[編集]

手順 #

[編集]

proftpdをサービスに登録 #

/usr/share/doc/Cygwin/proftpd-1.2.9.READMEを見て、以下のスクリプトを作成。 ファイル名はproftpd-config.shとする。

#!/bin/sh
# File: proftpd-config.sh
# Purpose: Installs proftpd daemon as a Windows service
 
cygrunsrv --install proftpd \
          --path /usr/sbin/proftpd.exe \
          --args "--nodaemon" \
          --type manual \
          --disp "Cygwin proftpd" \
          --desc "ProFTPD FTP daemon"

"--type"はサービス起動の方法。自動=auto, 手動=manual。(man cygrunsrv)

このスクリプトを実行すれば、proftpdがサービスとして登録される。

$ sh -x proftpd-config.sh
+ cygrunsrv --install proftpd --path /usr/sbin/proftpd.exe --args --nodaemon --t 
ype manual --disp Cygwin proftpd --desc ProFTPD FTP daemon
[編集]

モジュールの確認 #

proftpdバイナリに含まれているモジュールを確認する。

必要なモジュールが含まれていない場合は、ソースコードを入手して、自分でコンパイルするべし。

$ /usr/sbin/proftpd --list
Compiled-in modules:
  mod_core.c
  mod_xfer.c
  mod_auth_unix.c
  mod_auth_file.c
  mod_auth.c
  mod_ls.c
  mod_log.c
  mod_site.c

ちなみに、Debian GNU/Linux Sarge (3.1になる?) のproftpdパッケージ(1.2.9-2)ではこのようになる。

$ /usr/sbin/proftpd --list
Compiled-in modules:
  mod_core.c
  mod_xfer.c
  mod_auth_unix.c
  mod_auth_file.c
  mod_auth.c
  mod_ls.c
  mod_log.c
  mod_site.c
  mod_auth_pam.c
  mod_quotatab.c
  mod_ratio.c
  mod_tls.c
  mod_rewrite.c
  mod_radius.c
  mod_wrap.c
  mod_quotatab_file.c
  mod_readme.c
  mod_cap.c
[編集]

設定ファイル #

設定ファイル /etc/proftpd.conf を眺めておく。

設定を変えようと思ったら、パーミッションがこうなっていた。

$ ls -al proftpd.conf
-rw-r--r--    1 SYSTEM   Administ     1826 Jun  4  2003 proftpd.conf

Administratorsグループからは変更できるようにしておく。

$ chmod 664 proftpd.conf

で、次の2行を追加。(時刻表示をGMTにしない、接続されたときにident(113/tcp)を見ない)

TimesGMT			off
IdentLookups			off

設定ファイルの文法を確認する。問題なし。

$ /usr/sbin/proftpd.exe --configtest
Checking syntax of configuration file
Syntax check complete.
[編集]

proftpdを起動する #

$ net start proftpd          ★手動でサービスを起動
Cygwin proftpd サービスを開始します.
Cygwin proftpd サービスは正常に開始されました。

ログファイルでエラーがあるかどうか確認。

$ cat /var/log/proftpd.log
  :(略)
255.255.255.255 - ProFTPD 1.2.9 (stable) (built Mon Nov 3 10:36:51 EST 2003) standalone mode STARTUP

で、/var/log/proftpd.logの内容を消したかったので、次のようにした。

$ pwd
/var/log
$ ls -l proftpd.log
-rw-r--r--    1 SYSTEM   Administ    91640 Mar 21 21:34 proftpd.log
$ chmod 644 proftpd.log
$ cp /dev/null proftpd.log

プロセスの確認。(ps -a とか ps -ef とか ps -Wで)

$ ps -W | grep proftpd
     3180       0       0       3180    ?    0 20:42:12 C:\cygwin\usr\sbin\proftpd.exe

ポートの確認。

$ netstat -a | grep ftp
  TCP    hostname:ftp               hostname.examples.jp:0  LISTENING
[編集]

接続してみる #

普段使っているユーザ(Administratorグループに所属)とpostgres(Usersグループ)で試してみた。両方とも成功。

$ ftp localhost
Connected to hostname.example.jp
220 ProFTPD 1.2.9 Server (ProFTPD Default Installation) [hostname.example.jp]
Name (localhost:username):
331 Password required for username.
Password:
230 User username logged in.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> ls -al
200 PORT command successful
150 Opening ASCII mode data connection for file list
drwxrwxrwx  30 username  なし            0 Mar 21 11:38 .
drwxrwxrwx   8 Administrators Administrators        0 Mar 20 06:11 ..
-rwxrwxrwx   1 username  なし         1185 Jul  1  2003 .Xdefaults
-rwxrwxrwx   1 username  なし          426 Jul  1  2003 .Xresources
-rwxrwxrwx   1 Administrators ????????::-1:     8634 Mar 21 05:36 .bash_history
   :(略)
[編集]

付属のツールを試す #

ftpwho, ftpcountも試してみた。(man proftpd)

$ ftpwho
standalone FTP daemon [4080], up for 8 min
no users connected

(ここで別のbashを起動して、ftp localhostしてから、)

$ ftpwho
standalone FTP daemon [4080], up for 9 min
 2128 username  [  0m7s]   0m5s idle
Service class                      -   1 user

$ ftpcount
Master proftpd process 4080:
Service class                      -   1 user

$ ftptop
ftptop/0.9: Sun Mar 21 22:13:17 2004, up for 0 min
1 Total FTP Sessions: 0 downloading, 0 uploading, 0 idle

PID   S USER     CLIENT               SERVER          TIME COMMAND
724   L username localhost            0.0.0.0:21      21   LIST -R

ついでに、lastコマンドも試してみる。

$ last
username ftpd2128     localhost        Sun Mar 21 20:51   still logged in
username ftpd1616     localhost        Sun Mar 21 20:43 - 20:43  (00:00)
postgres tty0         localhost        Sun Feb 15 11:31 - 12:12  (00:40)
  :(略)
wtmp begins Sat Nov 29 12:01:27 2003

ちなみにwtmp(/var/log/wtmp)のパーミッションは次の値。たぶん、touch /var/log/wtmp; chmod 666 /var/log/wtmp して作成した覚えがある。

$ ls -al /var/log/wtmp
-rw-rw-rw-    1 username  なし         6776 Mar 21 20:56 /var/log/wtmp
[編集]

ログファイル #

$ cat /var/log/xferlog
Sun Mar 21 20:56:35 2004 0 localhost 661 /d/username/lvm.png b _ o r username ftp1 * c
Sun Mar 21 20:56:36 2004 0 localhost 3361 /d/username/md-lvm.png b _ o r username ftp 1 * c
Sun Mar 21 20:56:37 2004 0 localhost 1921 /d/username/sample.png b _ o r username ftp 1 * c
Sun Mar 21 20:56:38 2004 0 localhost 7834 /d/username/test.png b _ o r username ftp 1 * c
[編集]

トラブルシューティング #

  • Cygwin固有の
    • cygcheck -c proftpdして、「OK」が出るかどうか確認。「Incomplete」だったら、Cygwinのsetup.exeで「reinstall」を選んで再インストール。
    • proftpd を strace経由で立ち上げて、システムコールに渡されるパラメータを確認。
  • プラットホーム非依存の
    • /usr/sbin/proftpd --configtest で設定ファイルのエラーチェックを行う。
    • debugオプションを使う。cygrunsrvで--argsに"-d 9"を足す(例えば --args "--nodaemon" → --args "--nodaemon -d 9")。/var/log/proftpd.logを見る。
    • DebugLevel ディレクティブを使う。(1.2.8rc1 以上)
    • /etc/proftpd.confで、ディレクティブ ExtendedLog, LogFormat を使えば少しは詳しい状況を調べられるかも。
    • パケットキャプチャツール (tcpdump, Ethereal, windump, Packetyzerなど) で どの段階でトラブっているか調べる。
    • proftpdのソースコードを見てみる。
[編集]

設定の追加 #

ここらへんは折を見て追加する予定。

DeferWelcome                    off
MultilineRFC2228                on
ShowSymlinks                    on
TimeoutNoTransfer               600
TimeoutStalled                  600
TimeoutIdle                     1200
DisplayLogin                    welcome.msg
DisplayFirstChdir               .message
LsDefaultOptions                "-al"
DefaultRoot                     ~ !hogehoge !hoge !hogehogehoge
UseFtpUsers                     off
HiddenStor                      on
DenyFilter                      \*.*/
PathDenyFilter                  "^readme.eml$"
<Directory />
  Umask                         022  022
    <Limit LOGIN>
        Order Deny,Allow
        Deny from all
        Allow from 127.0.0.1, example.jp
    </Limit>
</Directory>

2004-04-15

LsDefaultOptions は古いようだ。

$ /usr/sbin/proftpd.exe --configtest
Checking syntax of configuration file
 - Fatal: LsDefaultOptions: deprecated. Use ListOptions instead