ページ更新: 2004-07-11 (日) (5485日前)
[編集]

What's new の訳 #

以下、JFlex 1.4の変更点のいい加減な訳。2004-04-15

What's new in version 1.4?
バージョン1.4で新しくなったことは?

Version 1.4 is adds a lot of new features and fixes all known bugs of 1.3.5.
バージョン1.4では、たくさんの新機能を追加し、1.3.5で知られているバグをすべて
修正しました。

Most notable new features are
注目すべき新機能は:

   * new, very fast minimization algorithm
     新しい、とても高速な最小化アルゴリズム

   * new --jlex option for strict compatibility to JLex
     新たに JLexとの厳密な互換性を指定する '--jlex' オプション

   * support for even larger scanners (up to 64K DFA states)
     より大きなスキャナをサポート(DFAステートが64Kまで)

   * faster character classes
     より速い文字クラス

   * new %apiprivate switch that causes all generated and skeleton methods to 
     be made private
     新たに %apiprivate スイッチ − 生成されたメソッドとスケルトンメソッドを
     privateにする

   * allow user defined javadoc class comments
 
   * optional parameter to %eofclose: "%eofclose false" turns off %eofclose 
     if it was turned on previously (e.g. by %cup)
     %eofcloseへのパラメータの追加。
     「%eofclose false」は、%eofcloseをOFFにする、
     もしそれより前に %eofcloseを使用していたとき(たとえば %cupによって)

   * some internal changes: jflex build script switched to ant, better 
     integration with build tools and IDEs, change scheme for generated 
     names to comply with Java naming standard
     いくつかの内部の変更:
     jflexのビルドスクリプトをAntに変えた。
     このほうが、ビルドツールやIDEと統合しやすい、
     生成する識別子をJavaの命名規則にあわせた。

See also the change log file for the complete list of changes.