ページ更新: 2004-12-25 (土) (5136日前)
[編集]

Tomcat 5 #

The Tomcat 5 Servlet/JSP Container - Documentation Index
http://jakarta.apache.org/tomcat/tomcat-5.0-doc/index.html

Tomcat5 サーブレット/JSP コンテナ - ドキュメントインデックス
http://www.jajakarta.org/tomcat/tomcat5.0/ja/docs/tomcat-docs/index.html

[編集]

Tomcat 5.0.19 のインストールメモ #

tomcat5_01.png

tomcat5_02.png

tomcat5_03.png

  • Serviceにはしなくてもいいや。
  • Source Codeはよく見るので、いれる。

tomcat5_04.png

  • インストール先を変更。いつも c:\java 以下に入れているし、複数のバージョンを使うことがあるので、ディレクトリ名でバージョンを明記する。

tomcat5_05.png

  • 上記の画面とは異なり、実はパスワードは入力している。
  • パスワードは conf/tomcat-user.xmlに以下のように平文で記録されているので、他の用途に使うパスワードは入れないこと。
<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
  <role rolename="tomcat"/>
  <role rolename="role1"/>
  <role rolename="manager"/>
  <role rolename="admin"/>
  <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
  <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
  <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
  <user username="admin" password="password" roles="admin,manager"/>
</tomcat-users>

Tomcat5 サーブレット/JSP コンテナ - レルム設定方法
http://www.jajakarta.org/tomcat/tomcat5.0/ja/docs/tomcat-docs/realm-howto.html#%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%A0

tomcat5_06.png

  • J2SDK 1.4.2_04 を使用。

tomcat5_07.png

tomcat5_08.png

  • どうせすぐにスタートメニューから起動確認をするので、ここでは起動しない。
  • Readmeは必ず見るべし。

tomcat5_09.png

  • 必須ではないが、環境変数 CATALINA_HOME を定義してみた。
[編集]

設定 #

$CATALINA_HOME/bin にて次のファイルを自分で用意すると、catalina.bat を 書き換えなくてもある程度設定を変更できる。

setenv.bat

  • CATALINA_OPTS
  • JAVA_OPTS
    JVMへのオプションの設定
  • JSSE_HOME
    JSSEの設定
  • JPDA_TRANSPORT
    リモートデバッガの設定
  • JPDA_ADDRESS
    リモートデバッガの設定

setclasspath.bat

  • CLASSPATH
    独自のクラスパスの設定
[編集]

リモートプロファイラ #

http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=6996&forum=12&start=16