ページ更新: 2007-03-08 (木) (4458日前)

未整理なメモやリンク。

[編集]

ブックマーク #

[編集]

有害なcshプログラミング (2005-11-04) #

Csh Programming Considered Harmful (in Japanese)
http://faqs.jmas.co.jp/FAQs/csh-whynot-jp

[編集]

データ喪失を防ぐLinux用の新ファイルシステム「NILFS(ニルフス)」 (2005-09-27) #

THE NILFS PROJECT HOME PAGE
http://www.nilfs.org/

News Release 050926 - データ喪失を防ぐLinux用の新ファイルシステム「NILFS(ニルフス)」をオープンソースとして公開 〜いつでも過去の時点が復元できるファイルシステムを開発〜
http://www.ntt.co.jp/news/news05/0509/050926.html

スラッシュドット ジャパン NTTが耐障害型ファイルシステムNILFSをリリース
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/09/26/1451225&topic=29

[編集]

グラフツールcacti (2005-07-23) #

http://cacti.loaded.jp/

  • キーワード: MRTG, RRDTool
[編集]

2005-04-23 #

サーバ管理 (Digital Infra)

[編集]

2005-03-28 #

DRBDとは
http://www.drbd.org/index.php?id=186&L=2

  • いわばネットワークRAID1、なのだそうだ。
[編集]

ドライバ #

[編集]

NIC #

NICの認識
http://www.a-yu.com/net/nic.html

[編集]

Intel PRO/100, PRO/1000 (2004-07-14) #

Linux* 基本ドライバ README -- Intel(R) PRO/100 シリーズ・アダプタ製品サポート
http://support.intel.co.jp/jp/support/network/adapter/pro100/linux_readme.htm

Linux* 基本ドライバ README -- インテル(R) PRO/1000 シリーズ・アダプタ 製品サポート
http://support.intel.co.jp/jp/support/network/adapter/1000/linux_readme.htm

Download Software, Drivers and Utilities
http://downloadfinder.intel.com/scripts-df/support_intel.asp

File Search Results (e1000-)
http://downloadfinder.intel.com/scripts-df/File_Filter.asp?FileName=e1000-

  • e1000-4.3.15.tar.gz と e1000-5.2.52.tar.gz を比べてみた
  • README - Supported Adapters に対応 Controller の型番 (8254X) のリスト
  • e1000-spec に対応する型番とID (XXXX) のリストあり。
  • ソースコードだと e1000_main.c が ID で判別しているようだ。

File Search Results (e100-) http://downloadfinder.intel.com/scripts-df/File_Filter.asp?FileName=e100-

[debian-users:41004] Dell PowerEdge 700 へのインストール
http://lists.debian.or.jp/debian-users/200407/threads.html#00124

[編集]

コマンド #

[編集]

fuser #

fuser -m /dev/cdrom
[編集]

autofs #

How to set up Autofs
http://www.venus.dti.ne.jp/~khosoda/autofs.html

[編集]

Checkinstall #

CheckInstall Homepage http://asic-linux.com.mx/%7Eizto/checkinstall/

checkinstall http://herr0s.hp.infoseek.co.jp/checkinstall.html

@IT:ソースファイルからRPMファイルを作成するには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/530mkrpmfs.html

tar ballで提供されているパッケージからrpmパッケージを作る。

[編集]

Kylix #

Kylix,Kylix2,Kylix3 http://member.nifty.ne.jp/isayan/kylix.html

[編集]

2004-12-22 #

バックアップについて - Linux Square

1. ログを出力するプロセスを起動する。
以下ではcatコマンドを「ログを出力するプロセス」とみなし、
ログ出力内容はキーボードから入力している。

ターミナルを1つ起動し(以後term1と称し、プロンプトにもterm1と表示)、
catコマンドを実行し、oneリターン、twoリターンと入力。

term1$ cat > any.log
one
two


2. ターミナルをもう一つ起動し(以後term2と称す)、any.log の内容を見る。
term1で入力した内容が表示される。

term2$ cat any.log
one
two

term2$


3. any.logをローテートする(後でこの処理ではだめなことが分かる

term2$ mv any.log `date +any.%Y_%m_%d.log`

term2$ touch any.log

term2$ \ls -l any*
-rw-r--r--    1 username なし            0 Dec 20 10:10 any.2004_12_20.log
-rw-r--r--    1 username なし            0 Dec 20 10:10 any.log


4. term1で、2行入力する。(ログファイルへの追加)

three
four

上記の2行を入力すると、term1の画面は次のようになる。

term1$ cat > any.log
one
two
three
four



5. term2 で、ローテートしたファイルの内容を確認する。

term2$ \ls -l any*
-rw-r--r--    1 username なし           20 Dec 20 10:12 any.2004_12_20.log
-rw-r--r--    1 username なし            0 Dec 20 10:10 any.log

term2$ cat any.log

term2$ cat any.2004_12_20.log
one
two
three
four

ファイル any.log には何も出力されず、any.2004_12_20.log に
ログ出力が(three, four)が引き続き出力されている。
つまり、ローテートできていない。

itb-TECH 【 logrotate 】

  • ■設定時の注意点 - ローテーション後、ログファイルにログを吐き出していたプロセスがログファイルを見失ってしまう
$ ls -l any.log
-rw-r--r--    1 username なし            0 Dec 20 13:52 any.log

$ date -r any.log +any.%Y_%m_%d.log
any.2004_12_20.log
$ for f in *; do echo $f `date -r $f '+%Y %m %d'`; done
any.2004_12_20.log 2004 12 20
any.log 2004 12 20
echoSample 2004 12 08
ex1.sh 2004 12 09

@IT:syslogの保存期間を変更するには

@IT:システム管理の基礎 syslogdの設定をマスターしよう(3/3)