ページ更新: 2005-05-05 (木) (5128日前)

(2001.07.05作成)

Debian GNU/Linux で PCカード TDK LAK-CD031 を使うための作業のメモ。

  • 2002.11.16補足: Woodyのstable版ではなにもせずとも認識するようになりました。

Debian GNU/Linux 2.2 (potato) と woody で FMV-NC13D で TDK LAK-CD031 (revision B) を使う (kernel 2.2.17 / 2.2.18pre21、pcmcia-cs 3.1.22)

LAK-CD031 を刺したときの /var/log/syslog にメッセージが出力されます。

cardmgr[360]: unsupported card in socket 0
cardmgr[360]: product info: "TDK", "LAK-CD031 for PCMCIA",
"Rev. B.00", " "
cardmgr[360]: manfid: 0x0105, 0xc1ab function: 6 (network)
cardmgr[360]: exiting

このメーセージと My Walking Linux (Wayback Machine) の pcmci-cs 用追加ファイルの記述を元に、/etc/pcmcia/lakcd031.conf を新たに作成します。

# For TDK LAK-CD031(16bit 10Base-T Ethernet)
card "TDK LAK-CD031"
version "TDK", "LAK-CD031 for PCMCIA", "Rev. B.00", " "
bind "pcnet_cs"

/etc/pcmcia/config に次の記述があるので、*.conf ファイルを自動的に読み込んでくれます。

# Include configuration files for add-on drivers
source ./*.conf

これで、動作するようになりました。