ページ更新: 2005-10-17 (月) (5082日前)

関連: ソフト/全文検索/Namazu

(2002-03-07作成)

namazuをちょいと改造する、他

namazu2.0.10のnamazu.cgiを改造して、再度パッケージにします。
環境は Debian GNU/Linux woody です。

目次

[編集]

参考URI #

[編集]

手順 #

まずはソースコードの入手と展開。(/etc/apt/sources.list に deb-src を定義しておくこと)

# apt-get update
# apt-get source namazu2

今回はnamazu.cgiがひらがなやカタカナをnamazu.cgi自体で分けるのを停止し、インデックスの内容を見て分けるのを停止します。(そのフォローとして、分かち書きにChasenを使います)
具体的には、nmz/wakati.c のBold部分を追加(namazu-users-ja の Re 「お願い」が検索できません。 より)

if (0 && j == 0 && (iskatakana(key + i + j) ||
    ishiragana(key + i + j))) 
{
    /* If beggining character is Katakana or Hiragana */

パッケージのバージョンを修正します。名称は元にしたパッケージのバージョン+ .patch1 にしました。

# dch -v 2.0.10-1.patch1
qpopper (2.0.10-1.patch1) unstable; urgency=low

  * wakati.c custom

 -- root <root@discypus.jp>  Thu, 07 Mar 2002 22:54:15 +0900

で、パッケージを作成。

$ debuild -us -uc
dpkg-buildpackage: source package is namazu2
dpkg-buildpackage: source version is 2.0.10-1.patch1
dpkg-buildpackage: source maintainer is Takuo KITAME <admin@discypus.jp>
dpkg-buildpackage: host architecture is i386
                          : (略)
W: libnmz3-dev: link-to-undocumented-manpage usr/share/man/man1/nmz-config.1.gz
W: libnmz3: postinst-unsafe-ldconfig
Finished running lintian.
$
$ ls *.deb
libnmz3-dev_2.0.10-1.patch1_i386.deb
libnmz3_2.0.10-1.patch1_i386.deb
namazu2-common_2.0.10-1.patch1_all.deb
namazu2-index-tools_2.0.10-1.patch1_all.deb
namazu2_2.0.10-1.patch1_i386.deb

chasen 2.0.9 と Text::Chasen を使いたいので、namazuより先にインストール

# chmod 600 /etc/mail/dracd.db

特にエラーができてなかったので、できたパッケージをインストール。

$ su
# dpkg -i *.deb