ページ更新: 2004-01-17 (土) (5604日前)

関連: Linux/Debian, Linux/RedHat/apt, Linux/Fedora Legacy

目次

[編集]

apt.confのProxy設定 #

/etc/apt/apt.conf.d/ に設定ファイル (たとえば80proxy) を作って、以下の設定を追加する。 あるいは /etc/apt/apt.conf に以下の設定を追加する。

書式は

Acquire::http::Proxy "http://username:password@proxy.example.jp:8080/";
Acquire::ftp::Proxy "ftp://username:password@proxy.example.jp:8080/";

あるいは

Acquire {
    Retries "0";
    http {
        Proxy "http://username:password@proxy.example.jp:8080/";
    }
    ftp {
        Proxy "ftp://username:password@proxy.example.jp:8080/";
    }
    // comment
}

Debian の他に Fedora Legacy や Vine 4.0 のaptも同じ書式が使えた。 Ubuntu も同じ。