ページ更新: 2005-08-20 (土) (5023日前)

関連: PC/Accusys ACS-75130

2005-08-17

hdparmのインストールと設定。

OSはDebian GNU/Linux 3.1(Sarge)

HDDをSCSIからIDE RAID1(PC/Accusys ACS-75130)に変更したこと、hdparmの設定方法が変更された (/etc/hdparm.confで設定)ので、hdparmを再度インストールし、パラメータを設定しておく。

目次

[編集]

インストール #

hdparmパッケージを削除、再インストール

# apt-get --purge remove hdparm
(略)
# apt-get install hdparm
(略)
[編集]

パラメータの調査 #

パラメータを調べる(デフォルトのはメモしてなかったので略)

# hdparm -i /dev/hda
(略)

速度を調べる(非破壊モード)(デフォルトのはメモしてなかったので略)

# hdparm -t /dev/hda
(略)

パラメータを設定する(32bit I/O, DMA使用、multicount=16)

# hdparm -c1 -d1 -m16 /dev/hdb

/dev/hdb:
 setting 32-bit IO_support flag to 1
 setting multcount to 16
 setting using_dma to 1 (on)
 multcount    = 16 (on)
 IO_support   =  1 (32-bit)
 using_dma    =  1 (on)

再度設定を確認(*が現在の設定)

# hdparm -i /dev/hda

/dev/hda:

 Model=ACCUSYS ACS75130 1.5, FwRev=, SerialNo=3KB05C3W
 Config={ HardSect NotMFM HdSw>15uSec Fixed DTR>10Mbs RotSpdTol>.5% }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=4
 BuffType=unknown, BuffSize=2048kB, MaxMultSect=16, MultSect=16
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=156301488
 IORDY=on/off, tPIO={min:240,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio1 pio2 pio3
 DMA modes:  mdma0 mdma1
 UDMA modes: udma0 udma1 *udma2 udma3 udma4 udma5
 AdvancedPM=no WriteCache=enabled
 Drive conforms to: ATA/ATAPI-6 T13 1410D revision 2:

 * signifies the current active mode

速度を調べる(非破壊モード)

# hdparm -t /dev/hda

/dev/hda:
 Timing buffered disk reads:   60 MB in  3.03 seconds =  19.80 MB/sec

参考:WDC WD400AB-32BVA0 (40GB)の場合。こっちの方が速い。 PC/Accusys ACS-75130の中身のSeagate Barracuda ATA V 80GB (ST380023A)方が数世代後で速度も速いはずなのだが…。 ATA100や133じゃないと真価を発揮しないのかも。

# hdparm /dev/hdb

/dev/hdb:
 multcount    = 16 (on)
 IO_support   =  1 (32-bit)
 unmaskirq    =  0 (off)
 using_dma    =  1 (on)
 keepsettings =  0 (off)
 readonly     =  0 (off)
 readahead    =  8 (on)
 geometry     = 4865/255/63, sectors = 78165360, start = 0
# hdparm -t /dev/hdb

/dev/hdb:
 Timing buffered disk reads:   84 MB in  3.04 seconds =  27.63 MB/sec
[編集]

/etc/hdparm.confの設定 #

細々とした設定(-m16や-c1や-d1に対応するパラメータの名称)を調べるのがおっくうになったので、 とりあえずコマンドラインをそのまま設定しておく。

command_line {
       hdparm -q -m16 -c1 -d1 /dev/hda
}
command_line {
       hdparm -q -m16 -c1 -d1 /dev/hdb
}

設定を反映する。

# /etc/init.d/hdparm restart
Setting parameters of disc: setting 32-bit IO_support flag to 1
 setting using_dma to 1 (on)
 IO_support   =  1 (32-bit)
 using_dma    =  1 (on)
 setting 32-bit IO_support flag to 1
 setting using_dma to 1 (on)
 IO_support   =  1 (32-bit)
 using_dma    =  1 (on)
 (none).

設定されたパラメータを確認しておく。また、Linuxを再起動した後にも再度確認する。

# hdparm /dev/hda
(略)
# hdparm /dev/hdb
(略)