ページ更新: 2005-01-05 (水) (4435日前)

周辺機器について。古いコンテンツ(2001.05.31作成)をこちらに移したので、現状とはちょっと違う。

目次

[編集]

2001.08.28 #

[PC: Asustek XP55T2P4、Linux (discypus.jpサーバ)]
     |
  (プロバイダ<->Internet)
  (地域IP網)
  (ADSL<->Internet)
     |
[Flet's ADSLモデム(ブリッジ)]
     |
     | eth1: PCカードNIC TDK LAK CB100AX DEC 21142
[PC: Toshiba Dynabook Satellite 2140、Debian GNU/Linux
 dhcpd, dnrd(DNS), ipchains, rt-pppoe, apache, php, tomcat, 
 postgresql, ntpd, ldapd, exim]
     | eth0: 内蔵NIC DEC 21142
     |
[Switching Hub: Corega Fast SW-5P]
   |   |   |   |
   |   |   |   | PCカードNIC TDK LAK CD031
   |   |   |  [PC: Fujitsu Biblo NC13D、Windows98SE, Debian GNU/Linux]
   |   |   |
   |   |   | PCI-NIC Intel EtherExpress Pro100+/B
   |   |  [PC: Asustek CUBX、Windows2000 Professional]
   |   |
   |  [空き]
   |
[JRC-210MS: 1.2GHz無線LAN]
   :
   : (この間無線、10〜20m)
   :
[JRC-210MS: 1.2GHz無線LAN]  JRC-210MSが4台、JRC-210BSが1台あります。
   |
[他のPCやHub]
[編集]

2001.05.31 #

1999年〜2000年にかけて、JRC製の無線LAN JRL-210MS と JRL-210BS を愛三電機から購入しました。処分価格で13,000円ほど。

これは 2.4GHz帯 無線LAN としては古い機種ですので、2Mbit/s です。また、各社から出ている 11Mbit/s の機種とは互換性がありません。しかし、電子レンジとの干渉も少なく、一般の無線LANとは通信できないので傍受の心配が少ないです。

また、この機種はRJ-45ジャックを持ち、直接Cat5ケーブルに取り付けます。この方式は一般的なものでありませんが、PCやOSを選びませんし、Hub間を接続するのにも便利です。

よって、この機種の主な用途はモバイルではなく、有線LANどおしの接続に使うのが主目的のようです。

実際にJRCの最新型の説明では、そういった用途を多数提案しています。

まあ、付属のマジックテープで張り付けられますし、別売りのバッテリキットを入手すればモバイルで使用できますが、かさばります。

付属ホイップアンテナで双方で ping を打ち合うと、350m ほど届きました。距離はハンディGPS Garmin eTrex で計測。 長岡技術科学大学の中庭で計測したので、渡り廊下や校舎がじゃまをしていたと思います。 これらがないオープンスペースで試せば、もっと届いたと思うのですが。

JRL-210MS/BS付属のホイップアンテナは取り外すことができます。コネクタはSMB。扱いはこちら。

私は七星科学研究所の SMB-P/C-1.5D (1.5D-2V用) を使い、ミリコムの2.4GHz用6エレメント八木アンテナ AA-246 (SMAジャック)との変換ケーブルを作りました。

以前、ラジオデパートとか秋月電子通商でケーブル付きのSMBを売ってる(GPS用?)って情報もありますが、未確認。

付属ホイップ―八木アンテナ間を自宅周辺で試したところ、付属ホイップ同士の3倍の距離まで通信可能でした。

その後、 950m 間(ビル―ビル間)を試したのですが、まだ成功していません。圧接工具が高価なので、代わりにハンダづけしたのが失敗の原因か?

ちなみに JRC-210MS/BSのネジは T7H です。