ページ更新: 2005-01-04 (火) (4500日前)

Fujitsu FMV-Biblo NC13D
http://www.fmworld.net/product/former/bi9706/ncline.html

CPUは Pentium133。MMXではない。メモリは48MB(16+32)。80MB(16+64)にできるらしいが、2次キャッシュが効かなくなるのでは?と思って、手を付けていない。

Windows98SE とDebian GNU/Linux を使用。 いまはチャットと、ソフトやハードの動作テスト用機(秋月のキットとか)として余生を送っている。 内蔵NICとUSBがないのが不満。

[編集]

情報源 #

[編集]

履歴 #

[編集]

ハードディスク換装 (2002-11-17) #

ハードディスク(IBM DADA-26480) が壊れたので、Fujitsu 製6.4GBに交換(Dynabook Satellite 2140に入っていたもの)。

前回と異なり、今回はハードディスクをCUBXに繋いで作業した。なぜなら、NIC(TDK CD-021BX)を壊しちゃったため。もう、DOSやMicrosoft Workgroup Connectionで動くNICは手に入らないのかなあ。

Windows98SE入れるのは手間が掛かった。Win95OSR2、Win98、Win98SEのファイルをハードディスクにコピーして、Win98をインストールして、Win98SEにアップグレードして、WindowsUpdateでひたすらパッチを当てて。

このあと、Linux(VineかRedHat)も入れる予定。

[編集]

ハードディスク換装 (1999-04-03) #

空き容量が心許なくなってきたので、IBM DADA-26480 (6.4GB) 12.5mm に交換した。

ドライブのネジ穴はもともとのHDDと位置が違うが、取付金具にはこのHDDに合う穴が空いているので、そのまま取り付け可能。

HDDのファイル(Windows95)を移すのは、Microsoft Workgroup Connection *1 を使って、LAN経由でデスクップ機に VFATBAK *2 を使ってバックアップし、HDD交換後に同じ方法でリストアした。

NICはTDK CD-021BX (PCカード)を使用。ただし、このNICには Workgroup Connection 用の設定ファイルががないので、設定ファイルをでっち上げてセットアップした。(同じMicrosoftのNetwork Client for DOS や LAN Manager を使ったほうが手間がかからないかも。あるいは、Windows95のDOSモード用ドライバに挑戦したほうがよいかも。)

なお、DOS用のPCカードドライバはNC13D付属のCD-ROMに入っている。

参考文献:技術評論社 Software Design 1998.6 DOSで利用するネットワーク

*1 Workgroup Connection

ftp://ftp.microsoft.com/Softlib/MSLFILES/MSWGCN.EXE

*2 VFATBAK シェアウェア かとんてっくのページ

http://www.alphatec.or.jp/~katontek/