ページ更新: 2011-08-22 (月) (2072日前)

(2009-09-23 新規作成)

2009-08-12購入。

チップセットP55の発売に合わせて、枯れている(と期待できる)P45を買っておこうかと。

メインマシンと、discypus.jp 用で、合わせて2枚購入した。 メモリとCPUとHDDは手持ちのとか、新規購入したのとかを組み合わせて。

目次

[編集]

情報源 #

P45

[編集]

メインマシン #

[編集]

仕様 #

  • HDD: 300GB + 1TB + 1TB + 1.5TB
    • C: Intel SSDSA2CW300G3 (300GB)
    • D: Seagate ST31000528AS (1TB)
    • E: Seagate ST31000528AS (1TB)
    • F: Seagate ST31500341AS (1.5TB)
  • CD-ROMなど: HL-DT-ST BD-RE GGW-H20N (Bluelay, Serial ATA)
  • FDD: TEAC FD-05PUQ (USB FDD)

OSは Windows 7 Professional/x64 (2009-08-12〜)

[編集]

SSD に交換 (2011-08-15) #

C: の HDD (1TB) を SSD (Intel 320 Series, 300GB) に交換した。

交換手順は:

  1. SSD を取り付け
  2. Acronis Disk Director Home 11 の DVD-R から起動して
    1. HDD のパーティションサイズを縮小 (1TB 弱 → 200GB)
    2. HDD → SSD にクローン (この時点で、SSDの第1パーティションが 160MB まで増えた)
    3. SSD の パーティションサイズを変更 (第1パーティション=100MB, 第2パーティション=残りすべて)
  3. HDD を取り外して、SSD から Windows 7/x64 を起動 → OK
  4. msinfo32 を起動して、パーティション開始オフセットを確認 (ファイル名を指定して実行で msinfo32、コンポーネント→記憶域→ディスク)
    1. パーティション #0 = 1,048,576
    2. パーティション #1 = 105,906,176

データコピーに、インテル® SSD 新規導入時のデータ移行ツール を使ってもよかったのだけど、このPCは True Image Home 2009 をインストールしているので、True Image Home のサブセットのツールをインストールしたくなかったし、起動CD-R作るのも面倒だったので。 起動CD-Rを作る場合は、試してないけど、True Image と同じなら、VMwareやXPMode上にこのツールをインストールして、ブータブルメディアビルダーでISOイメージを作ってCD-Rに書き込めると思う。

Crystal Disk Mark 3.0.1 (5回, 1000MB), Windowsエクスペリエンス インデックス:

種別Read SeqWrite SeqRead 512KWrite 512KRead 4KWrite 4KRead 4K QD32Write 4k QD32Windows
HDD (x64)118.3106.244.8853.030.5140.9281.1530.9375.9
HDD (x86)119.0106.544.6553.200.5290.9651.1870.914
SSD (x64)264.3218.8178.9216.319.9535.56136.067.797.6
SSD (x86)264.2218.6180.2212.520.0336.00136.968.73
  • HDD: Seagate ST31000528AS 1000.2GB
  • SSD: Intel SSDSA2CW300GB 300.0GB
[編集]

新discypus.jpサーバ #

[編集]

仕様 #

OSは Debian GNU Linux 5.0で、カーネルはAMD64で試運転中。

  • 既存のシステムからaptitudeでAMD64にアップグレードはできそうにないので、カーネルを i686 + bigmem (32bit + PAE) に変更。(2009-11-22)
  • COMポートブラケット (UPSの制御用に)
  • HDD: IDE 240GBで試運転中 (既存のIDE RAIDに置き換えるため)
    • 壊れたので、S-ATA 120GB に交換。(2009-11-23)
    • discypus.jpのIDE RAID (80GB×2) を引き続き使うか、新たにS-ATA RAID Boxを買って手持ちのHDD(240GB×2台)を使うかどうか、迷ってるところ。 Serial ATA RAID1 boxで、Serial ATA II (3.0Gb/s + NCQ) に対応しているものが見あたらないので。

手持ちのHDDはこんなの:

Seagate Technology - ST3250823AS

  • Barracuda 7200.8, 250Gbytes
  • INTERFACE: Serial ATA II w/NCQ
    • ってことは、これも 3Gb/sで、NCQもついてるので、AccusysなどのRAID-boxでは使えない?
  • ジャンパの機能は非公開

ST3400620AS Barracuda 7200.10 SATA 3.0Gb/s 400GB | Seagate

  • ST3400620AS SATA 3Gb/s 400GB
  • ジャンパで SATA 1.5Gb/s に切り替え可能。

たぶんdiscypus.jpサーバには使わないけど、こんなのも面白そうだ。(自宅用サーバのRAID1には使ってもいいかも)

discypus.jpサーバの方は最悪、こういうのにするかも。でも、これLinuxで障害検出できないよなあ。

  • 2010-01-24 いっそ、高価なRAID1-BOX (\30kくらい) をあきらめて、 資金を2.5inch SSD (80GBなX25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1)とかに回しても良いかもなあ。