ページ更新: 2021-05-03 (月) (382日前)

使用期間: 2021-05-01 〜 (使用中)

目次

[編集]

ライセンスの移行などのメモ #

  1. 旧PCのAcronis True Imageの日次バックアップの存在を確認する。なければバックアップする
  2. 旧PCからソフトのライセンスを解放する。(Camerabits Photo Mechanic, National Instruments LabView)
  3. Webなどでライセンスの解放を行い、新PCにインストールする。(Skylum Luminar AI, Photolemur 3)
  4. 残りの市販ソフトを旧PCからアンインストールしつつ、新PCにインストールしてアクティベートする。
  5. 新PCにオープンソースやフリーウェアをインストールする。
  6. 動作確認やソフトの設定を行った後、旧PCを初期化してWindows 10最新版とUbuntu Desktop 20.04をインストールする。
[編集]

動作確認、組み立て (2021-05-01) #

CPUはIntel 第10世代にして、NVMe SSDを当初の予定よりも大容量にした。

新規機材一覧:

  1. Intel Core i7 10700F BOX
  2. GIGABYTE Z490 AORUS ELITE Rev.1.0
  3. G.SKILL F4-3600C16D-32GTRGC (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)
  4. Crucial P5 CT1000P5SSD8JP (M.2 2280 1TB)
  5. Crucial P1 CT2000P1SSD8JP (M.2 2280 2TB)
  6. SilverStone SST-ST75F-GS V3 (750W)
  7. Windows 10 Home 日本語 DVD (DSP)

この構成なら、電源は450W〜500Wでよいと思うが、将来120WのCPUやE-ATX系のマザーボードへの入れ替えを考えて、750Wにした。

[編集]

経緯 #

重い腰を上げて、デスクトップPCのCPU・マザーボード・メモリを入れ替えることにした。

このデスクトップPCは2014年01月に組み立てて、その後にメモリ増設、SSD追加、GPU入れ替えを行っている。

ところが、2年前に買ったノートPCで現像ソフトを使ったとき、デジカメのRAW画像を選択して編集可能になるまでの時間がデスクトップPCとノートPCで体感できる差があるのに気がついた。ノートPCで2.5秒、デスクトップPCでは5〜6秒くらいかかる。つまり、ノートPCが2倍くらい速い。

それぞれのCPUは:

  • ノートPC: Core i5 8265U (=第8世代)
  • デスクトップPC: Core i7 4007S (=第4世代)

RAW画像を入れたディスクは同一の、USB 3.0 USB-mSATAアダプタで256GBのmSATA SSDを用いた。比較に持ちいたRAW画像ファイルも同一である。

よって、これらのPCのRAW画像を開く速度の差は、CPUの差に起因している。

普段はRAW画像の編集にはデスクトップPCを用いている。そして、かねてからRAW画像の読み込み速度の遅さには不満があった。これでも、RAW画像現像ソフトLuminarがバージョンアップごとに速くなっていたので、ましになってはいたのだが。(しかし画像の整理に使っているPhoto Mechanicに比べれば遅い。)

そこで、ゴールデンウィークに、デスクトップPCの速度向上のために、CPU・マザーボード・メモリの入れ替えを行うことにした。

CPUのグレードは従来と同じくCore-i7, GPUなし, 65Wを、メモリも従来と同じく32GBにする。このセンで最近販売されているパーツを調べたところ、最近IntelのCPUの世代交代があり、3月に出た第11世代と、その前の第10世代が選択肢に挙がった。

  • Intel 第10世代(今なら安い)
     - CPU: Core-i7, GPUなし, 65W, ¥32,000〜37,000くらい
     - マザーボード: Z490チップセット 
     - メモリ: DDR4-2933/3200(-2933で動作)
  • Intel 第11世代 (2021年3月発売なので、まだ高い)
     - CPU: Core-i7, GPUなし, 65W, ¥42,000〜55,000くらい
     - マザーボード: Z590チップセット (発売直後のため、BIOSが安定していない)
     - メモリ: DDR4-3200

さて、第10世代と、Intel 第11世代のどちらにするか。