ページ更新: 2012-10-06 (土) (1603日前)

関連: EWI USB

(2007-11-04 新規作成)

NECのモバイルノート。2005-02-28出荷開始。CD/DVDドライブは外付け。

2007年11月に横河レンタリースから中古で購入した。構成は 本体 + CD-R/RW/DVD-ROM + HDD60GB + 無線LAN 802.11b/g + 新品バッテリで、6万弱。

  • 2012-10-01 LCDを破損したり、キーボードの一部のキーの動きが悪くなったり、バッテリが5分も持たなくなったので、PC/Dynabook R631 に移行中。

目次

[編集]

仕様 #

  • NEC VersaPro PC-VY11F/BH-T (プレスリリース)
  • 型番 PC-VY11FBHET
  • 出荷開始日 2005-02-28 / 受注停止日 2005-10-24 / 補修用性能部品の最低保有期限 2010-10
  • (前ユーザの)使用開始日 2005-09-27 (「使用開始日表示ユーティリティ」による)
  • 構成コード PC-VY11FBHE37JTMSZZZ (= PC-VY11FBHET + PC-N-HDB60G + PC-N-CDCRDG + PC-N-BABL1G + PC-N-NETBHG)
[編集]

情報源 #

[編集]

NEC #

[編集]

Intel #

Pentium M:

915GM Express:

[編集]

#

[編集]

TPM #

[編集]

ニュースサイト #

ニュースや解説記事のリンク。キーワード: VersaPro PC-VY11F/BH-T, Pentium M, 733J, Dothan, Banias, 915GM Express, Centrino

[編集]

ユーザサイト #

VF11F/BH-T 以外の機種も載せてます。

[編集]

メモ #

[編集]

Windows 7 SP1 入れてみた (2011-04-29) #

Windows 7 SP1 Home Premium/x86 を入れてみた。

win7sp1-xpdm-score.png

ディスプレイドライバは ダウンロード・センターwin2k_xp142550.exeを互換モード XP SP2 でインストールした。 (以前にWindows 7 RTM Home Premium/x86 を使ったときと同じ)

XPでHDDをSSDに交換したときよりも、体感速度の向上が大きい。 HDDを使っていたときは、Windows 7では操作する毎にHDDアクセスで待たされる感じがあったが、SDDではほとんどそれが感じられない。

Windowsエクスペリエンスインデックス

VY11F+SSDVY11F+HDD
プロセッサ2.12.1
メモリ (RAM)4.14.1
グラフィックス1.91.9IntelのXPDMドライバを使用 (VGAドライバでは1.0)
ゲーム用グラフィックス1.01.0
プライマリ ハードディスク5.94.9
  • VY11F+SSD: このPC + SSD(128GB)
  • VY11F+HDD: このPC + HDD(160GB)
[編集]

HDD 160GB → SSD 128GB に交換 (2010-12-13) #

内蔵HDD (2008-03-15 に HGST 5K160 160GB (HTS541616J9AT00) に入れ替え) を SSD に入れ替えてみた。

今回は、CFD販売の CSSD-PNM128WJ2 (SSD PWJ2シリーズ) (Amazon で 2010-12-11に購入、¥21,970-)

性能・仕様(外箱 とか、製品のWebサイトとかから):

ファームウェアのバージョンは 100309 だった (HD Tune 2.55 で確認)

[編集]

手順 #

(2010-12-13)

ディスクのクローンには、手持ちの Acronis Disk Director 11 (日本語版, 2010-11-19 発売) の「ディスクのクローン作成」機能を用いた。

  1. Acronis Disk Director 11 の起動ディスク(CD-R)を作成
    • USBメモリ版 (Linux版、WinPE 3.0 の2種類)も作成しておいたが、いずれもVY11F/BHからは起動できなかった。
  2. 内蔵HDDのファイルを整理して、120GB 未満まで減らす。
  3. SSD を USB 2.0 外付けケース (数年前に買った サンワサプライ TK-RF25USVL) に入れる。
  4. PC に DVDドライブ と SSD (USB外付けケース) を接続して、Acronis Disk Director 11 の起動ディスク(CD-R)から起動して、「ディスクのクローン作成」で SSD に複製する。所要時間は50分弱くらい。
    • Disk Director 11 を使うとパーティション開始オフセットが1MB (1,048,576)に設定されるので、アライメントが4KB境界に合致するはず。
  5. SSD と 内蔵HDD を入れ替えて(分解手順)、SSD から起動してみる → OK。 特に問題なく Windows XPが起動した。
    • msinfo32 でパーティション開始オフセット値を調べた。1MB (1,048,576) だったので、アライメントが4KB境界に合致している。
[編集]

BIOSの起動画面 #

ハードディスクの型番(CSSD-PNM128WJ2)が表示される:

ssd128-bios-boot.jpg

[編集]

4KBアライメント #

(2010-12-13)

msinfo32 (「ファイル名を指定して実行」→「msinfo32」で起動)にて、パーティション開始オフセットを調べた。1048576 / 4096 = 256 なので、4KB アライメントに合致している:

ssd128-msinfo32.png

[編集]

ベンチマーク #

(2010-12-13 修正)

Sequential Write, Random Writeが遅い:

ssd128-4KB-aligned-crystalmark-1000MB.png

CrystalDiskMark 3.0 (2010-12-04, CrystalDiskMark3_0_0j.exe) にて、以下の機材のベンチマークを行った

  • 2.5inch HDD(160GB)
  • 2.5inch SSD(128GB)
    • 今回入手したもの
  • (参考) 3.5inch HDD(1TB), PC/GIGABYTE EP45-UD3P, Intel Core2Quad Q9550, メモリ8GB (DDR2 2GB×4枚), Windows 7 Professional 64bit
  • (参考) 2.5inch SSD(80GB: Intel X-25M 80GB (SSDSA2M080G2GC), Intel Core i7 980X, ASUS P6X58D Premium, メモリ 12GB (DDR3-1066 4MB×3枚), Windows 7 Professional 64bit
    • 2010-10入手
  • (参考) 2.5inch SSD(80GB: Intel X-25M 80GB (SSDSA2M080G2GC), Intel Core2 Duo E8500, メモリ4GB (DDR2 1GB×2枚), Windows XP Professional SP3 32bit
    • 2011-03入手
  • (参考) RAMdisk (4.5GB: IO DATA RamPhantom EX, Intel Core2 Duo E8500, メモリ8GB (DDR2 2GB×4枚), Windows XP Professional SP3 32bit
    • 2011-03入手

なお、いずれのHDD/SSDとも、Windowsや各種アプリケーションをインストールずみ。

まとめ:

Sequential ReadSequential WriteRandom Read 512KBRandom Write 512KBRandom Read 4KB (QD=1)Random Write 4KB (QD=1)Random Read 4KB (QD=32)Random Write 4KB (QD=32)
HDD(160GB), 1000MB38.59636.08121.92319.0530.3580.7500.4890.770
SSD(128GB), 1000MB83.49236.23078.99535.51113.10910.80914.48312.366
HDD(1TB), 1000MB120.19493.72344.00846.7190.4810.9011.2040.896
SSD(80GB-7), 1000MB268.17885.063215.19937.13022.62926.912162.78335.984
SSD(80GB-XP), 1000MB266.77982.924214.10285.36322.91960.463163.03981.819
RAM(4.5GB), 1000MB4902.2582966.5163695.0992401.639123.208118.819118.039128.158
HDD(160GB), 50MB39.97336.10821.13120.4670.4061.0650.6111.129
SSD(128GB), 50MB83.47236.18375.85935.81112.90312.14814.25213.234
HDD(1TB), 50MB121.62476.08258.14068.7820.9401.0661.7031.056
SSD(80GB-7), 50MB264.23273.156214.67246.12723.74427.702162.83656.664
SSD(80GB-XP), 50MB264.57683.049214.85183.85822.89969.828163.17281.725
RAM(4.5GB), 50MB4996.5473035.3064865.1413031.669766.645643.007600.088510.246

HDD(160GB), 1000MB:

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    38.596 MB/s
          Sequential Write :    36.081 MB/s
         Random Read 512KB :    21.923 MB/s
        Random Write 512KB :    19.053 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.358 MB/s [    87.4 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.750 MB/s [   183.1 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.489 MB/s [   119.5 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.770 MB/s [   188.0 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 40.1% (50.1/125.0 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/12 17:22:38
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

HDD(160GB), 50MB:

           Sequential Read :    39.973 MB/s
          Sequential Write :    36.108 MB/s
         Random Read 512KB :    21.131 MB/s
        Random Write 512KB :    20.467 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.406 MB/s [    99.1 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     1.065 MB/s [   259.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.611 MB/s [   149.1 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     1.129 MB/s [   275.5 IOPS]

  Test : 50 MB [C: 40.1% (50.1/125.0 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/12 17:35:31
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

SSD(128GB), 1000MB:

           Sequential Read :    83.492 MB/s
          Sequential Write :    36.230 MB/s
         Random Read 512KB :    78.995 MB/s
        Random Write 512KB :    35.511 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    13.109 MB/s [  3200.5 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    10.809 MB/s [  2639.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    14.483 MB/s [  3535.9 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    12.366 MB/s [  3018.9 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 45.4% (54.1/119.2 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/13 18:56:52
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

SSD(128GB), 50MB:

           Sequential Read :    83.472 MB/s
          Sequential Write :    36.183 MB/s
         Random Read 512KB :    75.859 MB/s
        Random Write 512KB :    35.811 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    12.903 MB/s [  3150.2 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    12.148 MB/s [  2965.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    14.252 MB/s [  3479.4 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    13.234 MB/s [  3231.0 IOPS]

  Test : 50 MB [C: 45.4% (54.1/119.2 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/13 18:43:58
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

参考: HDD(1TB, PC/GIGABYTE EP45-UD3P), 1000MB:

           Sequential Read :   120.194 MB/s
          Sequential Write :    93.723 MB/s
         Random Read 512KB :    44.008 MB/s
        Random Write 512KB :    46.719 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.481 MB/s [   117.5 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.901 MB/s [   220.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     1.204 MB/s [   294.0 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.896 MB/s [   218.6 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 9.8% (91.7/931.4 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/12 16:53:37
    OS : Windows 7  [6.1 Build 7600] (x64)

参考: HDD(1TB, PC/GIGABYTE EP45-UD3P), 50MB:

           Sequential Read :   121.624 MB/s
          Sequential Write :    76.082 MB/s
         Random Read 512KB :    58.140 MB/s
        Random Write 512KB :    68.782 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.940 MB/s [   229.4 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     1.066 MB/s [   260.3 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     1.703 MB/s [   415.8 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     1.056 MB/s [   257.7 IOPS]

  Test : 50 MB [C: 9.8% (91.7/931.4 GB)] (x5)
  Date : 2010/12/12 16:59:24
    OS : Windows 7  [6.1 Build 7600] (x64)

参考: SSD(Intel X-25M, 80GB, Windows 7 Professonal 64bit), 1000MB:

           Sequential Read :   268.178 MB/s
          Sequential Write :    85.063 MB/s
         Random Read 512KB :   215.199 MB/s
        Random Write 512KB :    37.130 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    22.629 MB/s [  5524.6 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    26.912 MB/s [  6570.2 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   162.783 MB/s [ 39741.9 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    35.984 MB/s [  8785.1 IOPS]

参考: SSD(Intel X-25M, 80GB, Windows 7 Professonal 64bit), 50MB:

           Sequential Read :   264.232 MB/s
          Sequential Write :    73.156 MB/s
         Random Read 512KB :   214.672 MB/s
        Random Write 512KB :    46.127 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    23.744 MB/s [  5796.9 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    27.702 MB/s [  6763.2 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   162.836 MB/s [ 39754.8 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    56.664 MB/s [ 13834.0 IOPS]
[編集]

Windows XP Professional SP3でのデバイスマネージャの内容 (2010-01-24) #

デバイス(接続別)

VY11F-XPSP3-device-manager-01.png

リソース(接続別)

VYFF1-XPSP3-device-manager-02.png

[編集]

Acronis True Image 2010 Upgrade (English) #

クリスマスセールだったので、アップグレードしてみた。Build 6053 (2009-11-23)

動作は特に問題は見られない。GUIがずいぶんと変わったのでまごつく。

[編集]

Windows 7 (RTM) 入れてみた (2009-09-13) #

Windows 7 (RTM) Home Premium/x86 を入れてみた (この機種は 64bit対応ではないので、x64は使えない)

  • アプリケーションの起動がちょっと遅いが、休止を併用するなら問題なさそうな速度が出た。
  • LAN, 無線LANは特に問題なく動作した。
  • NXパッドは単なる3ボタンマウスとして動作した。(スクロールスイッチや、NXパッドの端を使ったスクロール機能などは、動作しなかった)
  • TPMチップは確認してない。

Windowsエクスペリエンスインデックス(他のPCや、VMware Workstationの仮想PCとの比較)

VY11FVM6-Q35VM7-P45P45
プロセッサ2.14.44.77.3
メモリ (RAM)4.14.55.57.3
グラフィックス1.91.95.15.9
ゲーム用グラフィックス1.01.05.45.3
プライマリ ハードディスク4.96.26.55.9
  • VY11F: このPC
  • VM6-Q35: VMware Workstation 6.5.3, Q35/ICH9/Q6700/ATI Radeon HD2400 Pro
  • VM7-P45: VMware Workstation 7.0, P45/ICH10R/Q9550/nVidia GeForce 7300GT DDR2-512MB PCIEXx1 (2009-10-28 追加)
  • P45: P45/ICH10R/Q6700/nVidia GeForce 9500GT DDR3-512MB

Windows7-Excerience.png

[編集]

"システム リソースが不足するため、API を終了できません" →WindowsXP-KB909095 (2008-03-16) #

VMwareを2つ(512MB×2) 起動したまま「休止状態」にしようとすると、 おなじみのエラー「システム リソースが不足するため、API を終了できません」が発生し、 休止できなかった。

実装メモリ1.25GBのときはこのエラーは起きなかったので、2GBにしたのが遠因だと思う。

で、対策として、WindowsXP-KB909095-x86-JPN.exe を入手してインストールした。

インストール後は、同じ状況でも休止状態にできるようになった。

[編集]

ハードディスク交換 (60GB → 160GB) (2008-03-15) #

内蔵ハードディスク 60GB を Travelstar 5K160 160GB (HTS541616J9AT00) に 交換した。

[編集]

調査 (2008-03-08) #

2.5inch P-ATA が入手できるうちに、より大きいものに交換しようと考えた。

最初に分解手順を調査した(分解手順)。

次に、交換可能なハードディスク製品を調べた。

今回は元々搭載されているHDDと同じ日立グローバルストレージテクノロジーズの製品を調査した。 (Western DigitalSeagate Technology富士通東芝 は調べていない。)

E5K160 (24時間運用対応?) はちょっと高価で扱う店も少ないし、 7K100E7K100 は 高速だけど (629Mb/sec)、容量が小さく(100MBまで)、消費電力が少し大きいので (spinup 5.5W, r/w 2.0W, idle 1.8W)、 候補から外した。

結局、交換前のHDDと消費電力がさほど変わらない Travelstar 5K160 (5400rpm) の160GB (HTS541616J9AT00) に決定。

カタログ値の比較:

  • 交換前: 転送速度 43.9 MB/sec (=351.2Mb/secかな?)、消費電力 spinup 4.5W, read/write 2.0W, idle 0.9W
  • 交換後: 転送速度 540Mb/sec、消費電力 spinup 5.0W, read/write 1.8W, idle 0.8W
[編集]

バックアップ #

元のハードディスク(60GB)の内容を Acronis True Image 11 Home (英語版)を使ってLAN経由で他のPCにバックアップした。

  • 普通は、USB2.0対応の2.5inch PATA用HDDケース(1000円くらい)を購入して、USB経由で換装先HDDに直接コピーした方がリストアが不要なので楽だと思う。
  • 今回Acronis True Image の英語版を使っているのは、このノートPCを11月に入手した直後に英語版のクリスマスセール(12月)があったから。
  • 今回LANを使ったのは、このノートPCで普段からLAN経由でバックアップを行っていたから。
[編集]

分解手順 #

以下の工具を使用した

分解手順を以下に示す。

0. OSをシャットダウンしてPCの電源を切り、ACアダプタとバッテリパックを外す。

1. PCを裏返して、パームレスト直下のネジ7本(すべて同じ大きさ)を外す:

hdd160-palmrest.jpg

2. PCを表に向けてLCDディスプレイを開き、パームレスト(黒)と本体(銀)の隙間をこじってパームレストの手前の縁を持ち上げてから、手前に数ミリずらすと外れる。 NXパッドと基板を繋ぐフラットケーブルを損傷しないように注意しつつ、ネジ(1)とネジ(2)が見えるようにパームレストをハードディスクの左側に斜めに置く:

hdd60-hdd-replace.jpg

3. ハードディスクと基板を繋ぐフレキシブルケーブルを固定しているネジ(1) を外して、コネクタを基板から抜く。 ハードディスクを押さえているカバーのネジ(2) を外し、カバー(3)を左にずらしてから上に持ち上げて外す。 ハードディスクをフレキシブルケーブルごと外す:

hdd160-hdd-replace.jpg

4. ハードディスクからフレキシブルケーブルを取り外す。

ハードディスク側のコネクタは堅くて抜きにくいので、3.でフレキシブルケーブルを基板から抜いてから、4.でハードディスク側のコネクタを抜いている。 (NXパッドと基板を繋ぐフラットケーブルを損傷するとやっかいなので、その可能性を減らすため)

5. ハードディスクを取り付けるときは、逆の手順で。

[編集]

BIOS画面 #

起動画面。ハードディスクの型番(HTS541616J9AT00)が表示される。

hdd160-bios-boot.jpg

F2を押してBIOSに入る。内蔵HDDが「137GB」 と表示されている (BIOSが対応していない。でも、このPCのチップセット Mobile Intel 915GM Express は48bitLBAに対応していたはずなので、BIOS を経由しないOSなら全容量が使えるはず)

hdd160-bios-main.jpg

ハードディスク設定の詳細画面。ここでも「137GB」と認識されている。

hdd160-bios-hdd.jpg

[編集]

リストア、他 #

BIOS画面を確認した後、Acronis True Image 11 Home (市販) を使って、他のPC上に作ったバックアップからLAN経由でリストアした。

パーティションの大きさが元のまま(58GB)だったので Acronis Disk Director Suite 9.0 (市販) でパーティションサイズを変更、1つのパーティションで全領域を使うようにした。(試していないが、代わりに GParted -- Live CD/USB/PXE/HD を使っても良いだろう)

OSはWindows XP Professional SP2 (= Big Drive対応) なので、特に何もすることなく全領域を認識した。

動作確認を兼ねて、空き領域 - 5GB (今回は125GBある) のファイルを作ってみた。(Python でスクリプト書いた)。 所要時間は3時間弱。特に問題は発生しなかった。 つまり、160GBがまるまる使える、ということで。

(とはいえ、BIOSが認識しない以上、たぶん136GB超の領域に他のOSを入れてもBIOSからは起動できないだろうけど。 でもGRUBなどで解決できるような気がするが)

[編集]

補足: 1.8インチHDDを2.5インチHDDに交換する場合(方法が不明) (2009-05-07) #

(注意:自分はそもそも、この機種の購入を検討しているときに「1.8インチHDDを2.5インチHDDに交換するための情報」が見つからなかったので、1.8インチHDD搭載の方を購入の候補から外したので、この件についてはよく知らない)

HDDが認識されません - Yahoo!知恵袋 の件、Yahooのアカウント取るのがおっくうだし、確証があるわけじゃないので、こちらに書いておく。

1.8インチHDD搭載モデルのHDDを2.5インチに交換する場合、電源電圧が異なるため、PC側で電源電圧を切り替える必要がある。

1.8インチHDDは3.3Vあるいは3.3V/5.0V両対応、2.5インチHDDは多くの製品が5.0Vのみ対応だが、わずかに3.3V/5.0V両対応の機種もあるようだ(未確認)。

VY10F/BH-Mの場合はマザーボード上のHDDコネクタの左側にジャンパ設定スイッチがあり、スイッチの1番(左端)を切り替えれば(現在と逆にすれば)よいらしい。(NEC VersaProスレ 6台目の146-149, 422-425を参照)

なお、手元のVY11F/BH-T (2.5インチHDD搭載モデル) を再度分解して調べてみたが、このようなスイッチは見あたらなかった。 1.8インチHDD搭載モデルは手元にないので不明。また、PCの回路で供給電圧を変えられるかも知れないが(0Ω抵抗を移動するとか)、調べていない。

参考:

補足:

[編集]

補足: IDE HDD、IDE-SSD リンク (2009-05-09) #

IDE HDD:

IDE-SSD:

[編集]

USB CD/DVDから起動するには、BIOSで「USBレガシー = ON」に設定する (2008-03-09) #

純正の「CD-R/RW + DVD-ROM コンボドライブ」(CD-R/RW with DVD-ROM, PC-VP-BU14/OP-260-76103) にて。

F2を押してBIOSセットアップを起動して:

  1. 「詳細」→「USBレガシー機能」を「使用する」にする
  2. 「起動」→「起動順序」で「USB CD/DVD」を「内蔵HDD」より先にする

うっかり、1.を「使用しない」に変えて困ったので、メモ。

# もしかして、以前VAIO-U101, -U50 でPanasonicの外付けCD-ROMドライブで起動できなかったのも、これが原因?

[編集]

メモリ増設 (1GB → 2GB に交換) (2008-03-08) #

以前、増設メモリを 1GBに交換 したが、 今度は 2GB (PC2-5300 / DDR2-667) に交換した。

これで合計2.25GB (2GB + 256MB) だが、この機種 (このチップセット) は2GBまで認識するとのこと。 よって、2GBを超えた部分は使われない。

Memtest86+ V2.01 (2008-02-21) でテスト中。Stdが1時間30分ほどで1週するので、3週ほど回した。問題なし。

システムのプロパティ:

system-property-VT11F_BH-T.png

cpu-z:

cpuz-4-memory-2048.png cpuz-5-spd-2048.png cpuz-5-cpd-512-02.png

注意: SPD の Slot #2 は、どのメモリを取り付けても(256MB, 1GB, 2GB)、常に「Empty」と表示される。

1GBメモリ (+オンボード 256MB) では:

cpuz-4-memory-1280.png cpuz-5-spd-1280-01.png

256MBメモリ (+オンボード 256MB) では:

cpuz-4-memory-512.png cpuz-5-cpd-512-01.png

ついでに、cpu-zの他の画面の掲載しておく:

cpuz-1-CPU.png cpuz-2-cache.png cpuz-3-mainboard.png

さて、余った 1GB (PC2-4200) はどうしよう?

[編集]

Acronis True Image 11 Home english 購入 (2007-11-11) #

AcronisのAcronis True Image 11 Home (english) の試用版を試した。 LAN経由でもちゃんとバックアップできたので、Acronis True Image 11 Home (english) full version を購入した。 20% OFF, 1,166.97円引きの4,667.89円。build 8053。

常時電源を入れてある PC/Dynabook Satellite 2140 (Debian 4.0) にSambaを入れて、LAN経由でバックアップを作成。 所要時間は不明(1時間未満だと思うけど、ログ見たら完了が未来になってる)。 HDD消費量14.9GB → バックアップファイル7.18 GB。

ギガイーサネット搭載機だから、ハブとケーブルもギガイーサ対応に変えて、バックアップ先をメインマシンに変更するつもり。

[編集]

届いた、バックアップ、メモリ交換 (2007-11-04) #

[編集]

バックアップ (Acronis True Image Home 10) #

Acronis True Image Home 10 build 4,942 の起動CD-ROMで起動して、 デスクトップPCの共有フォルダにバックアップを作成。

Acronis Disk Director Suiteの起動CD-ROMで起動して、 パーティション 20GB + 35GB + 未使用7MBくらい? を1つのパーティションにまとめた。

[編集]

Microsoft Update #

OS (Windows XP Pro SP2) を起動し、初期設定を完了。搭載メモリの量を確認。 (504MB。8MBはVRAMとして使われているようだ)

LANに接続して、Microsoft Update でひたすらアップデートする。90個弱のアップデートがあった。

[編集]

メモリ増設 (256MB → 1GB に交換) #

増設メモリ 256MB (PC2-3200 / DDR2-400) を取り外して、1GB (PC2-4200 / DDR2-533)に交換した。これで全部で1.25GB (オンボード256MBを含む)になる。 (新規購入)

[編集]

無線LAN #

Coregaの無線LANアクセスポイントをLANに繋いで(新規購入、WAPとWEPの併用は考えずに CG-WLAPGMN でWAPを使用)、 Webブラウザ経由で設定して、VersaProの方も設定して無線LAN接続完了。
(CG-WLANT02W を 使えば近所の喫茶店まで電波が届くかも、と思ったがさすがに高価なので……)

[編集]

USBワンセグチューナー #

ワンセグチューナー(新規購入、DH-KONE/U2R)を設定。

[編集]

ドライバのアップデート #

サポート情報(ビジネスPC) | NEC 8番街 で ドライバを入手して、インストールする。 (サポート > モジュール検索結果)

  • 387a0800 LaVie G、VersaPro BIOSアップデートモジュール
    • 不要。同一のバージョンだった。
  • i915gm3 Intel社製 915GMディスプレイドライバー
  • e1000n VersaPro Intel(R) PRO1000 PCI LANドライバ Ver.8.7.9.0
  • 0609wlanbg Intel(R) PRO Wireless 2200BG Network Connection(802.11bg)ドライバ及びユーティリティ for Windows(R)XP