ページ更新: 2005-05-29 (日) (4523日前)

関連:

2005-05-29 作成中。PHP(ってかPukiWiki)やPython(ってかtrac)のインストールの前段として。

目次

[編集]

情報源 #

Welcome! - The Apache HTTP Server Project
http://httpd.apache.org/

[編集]

Apache 2.0.54 #

Windows XP Professional SP1

[編集]

インストール #

The Apache HTTP Server ProjectのDownload!から 'Win32 Binary (MSI Installer): apache_2.0.54-win32-x86-no_ssl.msi'をダウンロードし、実行。

[編集]

Welcome to the Installation Wizrd for Apache HTTP Server 2.0.54 #

msi01.png

[編集]

License Agreement #

msi02.png

[編集]

Read This First #

msi03.png

[編集]

Server Information #

msi04.png

  • Network Domain このPCのドメイン(PCが属するネットワークのドメイン名。 このPCはdiscypus.jpのサブドメインである localnet.discypus.jp に所属しているので、 それを入力)
    httpd.confの次の個所に反映される。
    #<Location /server-status>
    #    SetHandler server-status
    #    Order deny,allow
    #    Deny from all
    #    Allow from .localnet.discypus.jp
    #</Location>
    #<Location /server-info>
    #    SetHandler server-info
    #    Order deny,allow
    #    Deny from all
    #    Allow from .localnet.discypus.jp
    #</Location>
  • Server Name このPCのFQDN(このPCのFQDNはwinhost.localnet.discypus.jp)
    httpd.confの次の個所に反映される。
    ServerName winhost.localnet.discypus.jp:80
  • Administrator's Email Address (このHTTPDの管理者のメールアドレス。 ここでは特に存在しないメールアドレスを入力し、あとで修正することにした)
    httpd.confの次の個所に反映される。
    ServerAdmin admin@winhost.localnet.discypus.jp
[編集]

Setup Type #

msi05_custom.png

  • 'Typical Setup' で何が入るか知らないので、'Custom Setup'で自分で選ぶことにする。
[編集]

Custom Setup #

msi06_custom.png

  1. Apache Runtime
    1. Build Headers and Libraries
    2. APR Iconv Code Pages
APR
Apache Portable Runtime。The Apache Portable Runtime Project
Iconv
Manpage of ICONV (Linux)
[編集]

Ready to Install the Program #

msi07.png

[編集]

Installing Apache HTTP Server 2.0.54 #

msi08.png

[編集]

Installation WIzrd Completed #

msi09.png

[編集]

インストール内容の確認 #

[編集]

ファイル #

programfiles.png

[編集]

スタートメニュー #

start_menu.png

start_menu_startup.png

[編集]

システムトレイ (Monitor Apache Servers) #

systemtray.png

systemtray_tip.png

systemtray_left.png

systemtray_right.png

[編集]

サービス #

インストール完了時に、特に問題がなければ、Apache2サービスが起動している。(=開始、と表示されている)

service01.png

service02.png

service03.png

サービスの実体:

"C:\Program Files\Apache Group\Apache2\bin\Apache.exe" -k runservice
[編集]

ネットワーク #

C:\> netstat -a

Active Connections

  Proto  Local Address          Foreign Address        State
   : (略)
  TCP    winhost:http              winhost.localnet.discypus.jp:0  LISTENING
   : (略)
C:\> netstat -an
Active Connections

 Proto  Local Address          Foreign Address        State
   : (略)
 TCP    0.0.0.0:80             0.0.0.0:0              LISTENING
  • '0.0.0.0:80'にbindされているので、このPCのすべてのIPアドレスに対する接続を受け付ける。
    httpd.confの以下の個所:
    Listen 80

C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\error.log

[Sun May 29 10:02:09 2005] [notice] Apache/2.0.54 (Win32) configured -- resuming normal operations
[Sun May 29 10:02:09 2005] [notice] Server built: Apr 16 2005 14:25:31
[Sun May 29 10:02:09 2005] [notice] Parent: Created child process 860
[Sun May 29 10:02:10 2005] [notice] Child 860: Child process is running
[Sun May 29 10:02:10 2005] [notice] Child 860: Acquired the start mutex.
[Sun May 29 10:02:10 2005] [notice] Child 860: Starting 250 worker threads.
  • 'Starting 250 worker threads.'
    httpd.confの以下の個所:
    <IfModule mpm_winnt.c>
    ThreadsPerChild 250
    MaxRequestsPerChild  0
    </IfModule>
[編集]

サービスの開始/終了 #

スタートメニューやシステムトレイのアイコンから操作できる。

コマンドラインからだと、サービス名を指定して、以下のようにする。

終了

C:\> net stop apache2
Apache2 サービスを停止中です.
Apache2 サービスは正常に停止されました。

開始

C:\> net start apache2
Apache2 サービスを開始します.
Apache2 サービスは正常に開始されました。
[編集]

設定変更 #

httpd.confを修正し、スタート→Apache HTTP Server 2.0.54→Configure Apache Server→Test Configurationを実行して、 問題なければ、Apacheを起動(あるいは再起動)。

  • 余談
    自分は毎回メニューを選ぶのは面倒なので、このショートカットの内容を撮りだして、バッチファイル(*.cmd)にしている。
    "C:\Program Files\Apache Group\Apache2\bin\Apache.exe" -w -t 
    -f "C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf" 
    -d "C:\Program Files\Apache Group\Apache2\."

Apache2を再起動(restart)、あるいは停止→起動する場合の注意。

初回にサービスで実行しているので、スタート→Apache HTTP Server 2.0.54→Control Apache Serverの 'Restart'や'Start'や'Stop'は使わずに、'Monitor Apache Servers'を使うこと。 (逆に、サービスではなく通常のプロセスとして実行するなら、'Restart'や'Start'や'Stop'を使う。このとき、直前に サービスとして起動したことがあるなら、*.log は消去する必要があるかも知れない)

[編集]

変更例:access.logの書式変更 #

access.logの書式をデフォルトの'common'から、より情報の多い'combined'に変更する。

デフォルトの書式の定義:

LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common

デフォルトのaccess.logの設定:

CustomLog logs/access.log common
: (略)
#CustomLog logs/access.log combined

access.logの書式を'combined'に切り替える。commonの行をコメントアウト(#)、combinedの行のコメントを外す:

#CustomLog logs/access.log common
: (略)
CustomLog logs/access.log combined

Test Configurationを実行。問題なし:

Syntax OK

Apache2を再起動(restart)、あるいは停止→起動する。

http://localhostに対してブラウザ(ここではFirefox 1.0.4)でアクセスすると、 access.logにcombined形式で、次のログが生成される。

127.0.0.1 - - [29/May/2005:12:26:25 +0900] "GET / HTTP/1.1" 304 - "-" 
"Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.7.8) Gecko/20050511 Firefox/1.0.4"
127.0.0.1 - - [29/May/2005:12:26:25 +0900] "GET /apache_pb.gif HTTP/1.1" 304 - 
"http://localhost/" "Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.7.8) 
Gecko/20050511 Firefox/1.0.4"
127.0.0.1 - - [29/May/2005:12:26:26 +0900] "GET /favicon.ico HTTP/1.1" 404 283 
"-" "Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.7.8) Gecko/20050511 
Firefox/1.0.4"