ページ更新: 2004-08-11 (水) (5432日前)

postgresql-8.0-beta1-20040809.msi をインストールしたときのメモ。

2004-08-10 作成。

目次

[編集]

pginstaller #

[編集]

Welcome to the PostgreSQL Installation Wizard #

p01.png

  • pre-release であることの注意書き。
[編集]

Installation notes #

p02.png

[編集]

Installation options #

p03.png

p04.png

  • User Interface に psql, pgAdmin III が標準で添付される。
  • Driver は、JDBC, Npgsql(.NET), ODBC が標準で添付される。
[編集]

Service configuration #

p05.png

  • サービスの設定。サービスを稼働させるユーザもここで設定する。
  • 既存のユーザを指定しなかったときは、新たにユーザが作成され、パスワードが自動生成され、「サービスとしてログオン」権限も付与される。 (ここら辺の流れは Cygwin の PostgreSQL と同じ)

p06.png

p07.png

p08.png

[編集]

Initialise database cluster #

p09.png

  • データベースクラスタ(データベースを格納する領域…とでも言えばよいのかな)を作成する設定。
  • パスワードの設定は必須(Cygwin 版とは異なる)。パスワードを設定しないと、次の処理に進めない。
    • ということは、psql、initdb、createdb、dropdb、createuser, dropuser...などはたぶん、すべて操作するときにここで設定したパスワードが必要かと。

p10.png

p11.png

[編集]

Enable procedural languages #

p12.png

[編集]

Ready to install #

p13.png

[編集]

Installing... #

p14.png

p15.png

p16.png

[編集]

Installation complete! #

p17.png

[編集]

インストール結果 #

[編集]

スタートメニュー #

p18.png

  • Start service
    C:\WINNT\system32\net.exe  stop pgsql-8.0-beta1
  • Stop service
    C:\WINNT\system32\net.exe  stop pgsql-8.0-beta1
  • psql to template1
    "C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1\bin\psql.exe"  template1 postgres
[編集]

'postgres' ユーザ #

p19.png

p20-1.png

  • postgres ユーザは どのグループにも所属していない。
[編集]

PostgreSQL サービス #

p20.png

  • pg_ctl はスクリプトではなく、実行ファイルになっており、さらにサービスとして 実行できるようになっている。
  • 実行ファイルのパス
    C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1\bin\pg_ctl.exe runservice 
    -N "pgsql-8.0-beta1"
    -D "C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1\data\"
[編集]

pg_ctl のオプション #

Windows 版ではサービスを扱う機能が追加されているので、当然ながら UNIX 版、Cygwin 版とは異なるはず。(Cygwin 版は cygrunsrv.exe がこの機能を受け持つ)

★部分が、7.4.3 (Cygwin 版 7.4.3-1) との違い。

> pg_ctl --help
pg_ctl is a utility to start, stop, restart, reload configuration files,
report the status of a PostgreSQL server, or kill a PostgreSQL process

Usage:
  pg_ctl start   [-w] [-D DATADIR] [-s] [-l FILENAME] [-o "OPTIONS"]
  pg_ctl stop    [-W] [-D DATADIR] [-s] [-m SHUTDOWN-MODE]
  pg_ctl restart [-w] [-D DATADIR] [-s] [-m SHUTDOWN-MODE] [-o "OPTIONS"]
  pg_ctl reload  [-D DATADIR] [-s]
  pg_ctl status  [-D DATADIR]
  pg_ctl kill    SIGNALNAME PROCESSID  ★
  pg_ctl register   [-N servicename] [-U username] [-P password] [-D DATADIR] [-
o "OPTIONS"] ★
  pg_ctl unregister [-N servicename] ★

Common options:
  -D, --pgdata DATADIR   location of the database storage area
  -s, --silent only print errors, no informational messages
  -N       service name with which to register PostgreSQL server  ★
  -P       password of account to register PostgreSQL server ★
  -U       user name of account to register PostgreSQL server ★
  -w           wait until operation completes
  -W           do not wait until operation completes
  --help       show this help, then exit
  --version    output version information, then exit
(The default is to wait for shutdown, but not for start or restart.)

If the -D option is omitted, the environment variable PGDATA is used.

Options for start or restart:
  -l, --log FILENAME      write (or append) server log to FILENAME.  The
                          use of this option is highly recommended.
  -o OPTIONS              command line options to pass to the postmaster
                          (PostgreSQL server executable)
  -p PATH-TO-POSTMASTER   normally not necessary

Options for stop or restart:
  -m SHUTDOWN-MODE   may be 'smart', 'fast', or 'immediate'

Allowed signal names for kill: ★
  HUP INT QUIT ABRT TERM USR1 USR2 

Shutdown modes are:
  smart       quit after all clients have disconnected
  fast        quit directly, with proper shutdown
  immediate   quit without complete shutdown; will lead to recovery on restart

Report bugs to <pgsql-bugs@postgresql.org>.
[編集]

psql 起動、version確認 #

p21.png

[編集]

pgAdmin III #

p22.png

[編集]

ディレクトリ構成 #

p23.png

  • 画面では表示されていないが、パスは C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1 である。
[編集]

bin の内容 #

C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1\bin
> dir /w
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4AD-1BB0 です

 C:\Program Files\PostgreSQL\8.0-beta1\bin のディレクトリ

[.]                  [..]                 clusterdb.exe
createdb.exe         createlang.exe       createuser.exe
dropdb.exe           droplang.exe         dropuser.exe
ecpg.exe             initdb.exe           libpq.dll
pgperm.bat           pg_controldata.exe   pg_ctl.exe
pg_dump.exe          pg_dumpall.exe       pg_resetxlog.exe
pg_restore.exe       postgres.exe         postmaster.exe
psql.exe             vacuumdb.exe         zlib.dll
  • UNIX 版、Cygwin 版 7.4.3 と異なり、initdb と pg_ctl がシェルスクリプト ではなく、実行ファイルになっている。