ページ更新: 2004-02-01 (日) (5709日前)

2003-12-07 作成。

Red Hat Linux 9.0に eclipse 2.1.1 を入れたときのメモ。

  • 2005-07-13 補足。Red Hat Linux 9.0 + Fedora Legacy, JDK 1.5.0_04, Eclipse 3.1 でも同じ手順で出来る。 ただし、CDTは試していない。

目次

[編集]

J2SDK を入れる #

j2sdk-1_4_1_05-linux-i586-rpm.bin を入れる。

[編集]

インストールする #

chmod +x j2sdk-1_4_1_05-linux-i586-rpm.bin
./j2sdk-1_4_1_05-linux-i586-rpm.bin

インストール先は /usr/java/j2sdk1.4.1_05 になる。また、/usr/java/jre ってリンクも作成される。

[編集]

JAVA_HOME設定 #

すべてのアカウントで使うつもりなので、/etc/profile.d/ にshスクリプトを作成。ファイル名は/etc/profile.d/j2sdk.shとした。

# j2sdk initialization script (sh)
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.1_05
[編集]

PATH設定 #

必要に応じて、~/.bashrcや~/.bash_profileにて、 PATH に $JAVA_HOME/bin や $JAVA_HOME/jre/bin などを追加する。

[編集]

eclipseを入れる #

  • 環境に応じて、次のファイルを入手。
  • gtk
    eclipse-SDK-2.1.1-linux-gtk.zip
    (eclipse2.1.1-SDK-Linux-gtk-LanguagePackFeature.zip)
  • (Open)Motif
    eclipse-SDK-2.1.1-linux-motif.zip
    (eclipse2.1.1-SDK-Linux-motif-LanguagePackFeature.zip)

今回はgtk版を使った。

[編集]

展開する。 #

展開先は /usr/eclipse とした。(javaが /usr/java に入ったので、まねした)

$ su
# unzip eclipse-SDK-2.1.1-linux-gtk.zip -d /usr
Archive:  eclipse-SDK-2.1.1-linux-gtk.zip
  creating: /usr/eclipse/
  creating: /usr/eclipse/plugins/
  creating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.core.boot_2.1.1/
 inflating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.core.boot_2.1.1/boot.jar
 inflating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.core.boot_2.1.1/splash.bmp
 inflating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.core.boot_2.1.1/.options
              : (略)
# unzip eclipse2.1.1-SDK-Linux-gtk-LanguagePackFeature.zip -d /usr
             : (略)
# exit
$
[編集]

Javaへのリンクを作成 #

# . /etc/profile.d/j2sdk.sh
# ln -s $JAVA_HOME/jre jre
[編集]

eclipseを起動してみる #

ワークスペースは、自分のホームディレクトリの workspace ディレクトリを指定した。

$ /usr/eclipse/eclipse -data ~/workspace &

なお、Motif版の場合は上記手順では次のエラーが出る

/usr/eclipse/eclipse: error while loading shared libraries: libXm.so.2:
cannot open shared object file: No such file or directory

よって、カレントディレクトリを移動してから実行するか:

$ cd /usr/eclipse
$ ./eclipse -data ~/workspace &

あるいは、/etc/ld.so.confに /usr/eclipse を追加、/sbin/ldconfigを実行。 その後は絶対パス指定で実行できる。

[編集]

CDTを入れる #

eclipseでC++も使いたい(JNIするし)ので。

[編集]

ダウンロードする #

Eclipse Projects (CDT / C/C++ Development Tools) より、 CDT 1.2 Full for Linux/GTKあるいはCDT 1.2 Full for Linux/Motifを入手。

[編集]

インストールする #

$ su
# unzip cdt-full-1.2-linux-gtk.zip -d /usr
unzip cdt-full-1.2-linux-gtk.zip -d /usr
Archive:  cdt-full-1.2-linux-gtk.zip
 inflating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.cdt.linux.gtk_1.2.0/about.mappings
 inflating: /usr/eclipse/plugins/org.eclipse.cdt.linux.gtk_1.2.0/about.properties
        : (略)
# exit