ページ更新: 2005-10-15 (土) (4754日前)

関連: Java/VM/JVMPI, Java/VM/JVMPI

Eclipse Test and Performance Tools Platform (TPTP) (旧Hyades) についてのメモ。

目次

[編集]

情報源 #

Eclipse Test and Performance Tools Platform
http://www.eclipse.org/tptp/

TPTP Downloads
http://www.eclipse.org/tptp/home/downloads/downloads.html

Hyades

Hyades

eclipse test & performance tools platform project

Hyades - Eclipse

JAVA開発メモ - Hyadesプラグイン

Hyadesによるプロファイリングマニュアル (2005-10-15)

[編集]

TPTP 4.0.1 #

Eclipse Test and Performance Tools Platform
http://www.eclipse.org/tptp/

TPTP 4.0.1 Release Build
http://www.eclipse.org/tptp/home/downloads/drops/TPTP-4.0.1.html

  • LanguagePackもここから入手できる

New and Noteworthy in TPTP 4.0.1
http://eclipse.org/tptp/home/downloads/whatsnew/v401/new_and_noteworthy.html

[編集]

TPTP 4.0.0-200507181519 #

TPTP 4.0.0 Release Build
http://eclipse.org/tptp/home/downloads/drops/TPTP-4.0.0.html

Development Build: TPTP Installation Guide v4.0
http://eclipse.org/tptp/home/downloads/installguide/InstallGuide40.html

Test and Performance Platform v4.0.0 - Release notes
http://eclipse.org/tptp/home/downloads/releasenotes/releasenotes4_0_0.html

Eclipse Test and Performance Tools Platform - New and Noteworthy in TPTP 4.0
http://www.eclipse.org/tptp/home/downloads/whatsnew/v400/new_and_noteworthy.html

Getting started with the Hyades Data Collection Engine
http://eclipse.org/tptp/home/downloads/installguide/AgentController40.html

[編集]

環境 #

  • Windows XP Professional SP1
  • eclipse 3.1
  • sun J2SDK 1.4.2_09
[編集]

インストール #

emf-sdoとxsdは別途、Updateでインストールしておく。

AgentControllerを入れる。展開するとtptpディレクトリができる。ここではこれをc:\javaにコピーした。 (つまり、c:\java\tptp)

C:\java\tptp\tptpdc\win_ia32\bin のSetConfig.batを実行。

> java -classpath ..\lib\config.jar;..\lib\config.nl1.jar org.eclipse.tptp.platform.agentcontroller.config.SetConfig
Specify the fully qualified path of "java.exe" (e.g. c:\jdk1.4\jre\bin\java.exe):
  Default>"C:\java\j2sdk1.4.2_09\jre\bin\java.exe" (Press <ENTER> to accept the default value)
  New value>
Network access mode (ALL=allow any host, LOCAL=allow only this host, CUSTOM=list of hosts):
  Default>"LOCAL" (Press <ENTER> to accept the default value)
  New value>LOCAL
Please enter the JBoss Application Server Home:
  Default>"" (Press <ENTER> to accept the default value)
  New value>
Please enter the JOnAS Application Server Home:
  Default>"" (Press <ENTER> to accept the default value)
  New value>

C:\java\tptp\tptpdc\win_ia32\config\serviceconfig.xml が作成された。

環境変数 RASERVER_HOME を定義。C:\java\tptp\tptpdc\win_ia32

環境変数 PATH に、%RASERVER_HOME%\bin を追加。

バージョンの確認

C:> RAserver -v
4.0.0.0

サービスへの登録(開始は「自動」になる)

C:> manageservice add "Agent Controller" %RASERVER_HOME%

サービス名は"Agent Controller"になる

開始

> net start "agent controller"
Agent Controller サービスを開始します.
Agent Controller サービスは正常に開始されました。

停止

> net stop "agent controller"
Agent Controller サービスを停止中です.
Agent Controller サービスは正常に停止されました。

サービスの削除

C:> manageservice remove "Agent Controller"
[編集]

Hyades 3.0.1 インストールメモ #

[編集]

環境 #

  • Windows XP Professional SP1
  • eclipse 3.0.1
  • sun J2SDK 1.4.2_06
[編集]

概要 #

  1. runtime, nls を入れる。
  2. Hyades Data Collector を入れる。Windowsの場合、サービスにしておく方が便利かも。
  3. eclipse からキックするか、JVM の引数で指定。
[編集]

ファイルの入手 #

Download Page から、次のファイルを入手。

  • Runtime (hyades.runtime_3.0.1_20040922_0955.zip)
  • Language Pack (hyades.nls_3.0.1_20040830_2336.zip)
  • Data Collector (hyades.rac.nt_3.0.1_20040922_0955.zip)

以下のファイルも必要のようだ。(eclipseの構成でエラーが出る)

  • Hyades Examples (hyades.examples_3.0.1_20040922_0955.zip)
  • Hyades Component Test (hyades.test_3.0.1_20040922_0955.zip)
[編集]

Eclipseへのインストール #

eclipseに Runtime と Language Pack をインストールする。

[編集]

Data Collector のインストール #

Data Collector を展開し、付属の文書 「Getting started with the Hyades Data Collection Engine」を見て、 インストール作業を行う。

インストール先は C:\java\hyades と仮定する。

環境変数 RASERVER_HOME = C:\java\hyades を定義する。 サービスにするならシステム環境変数で、そうでなければどちらでもよい。 (ユーザ環境変数 か システム環境変数)

環境変数 PATH に %RASERVER_HOME%\bin を追加する。 サービスにするならシステム環境変数で、そうでなければどちらでもよい。 (ユーザ環境変数 か システム環境変数)

サービスとして動かす場合は、Windows を再起動する。

cd bin
SetConfig.bat
[編集]

起動する #

[編集]

アプリケーションとして起動 #

[編集]

サービスとして起動 #

RAService.exe メモリ消費量 9,100K 最大メモリ使用量 9,432K

[編集]

JVM に Hyades の Profiler を使わせる #

[編集]

eclipse の Hyades Workbench を使う #

  • 実行時のカレントディレクトリが環境変数TEMP(あるいはTMP?)に移動されてしまう。
    System.out.println("path=" + new File(".").getAbsolutePath()); で確認。
    • プロジェクトのディレクトリのファイルを読み込むことができない。
      • log4j.propertiesの読み込みで困る。
[編集]

JVM の引数で指定 #